2019年09月16日

【令和元年大相撲秋場所・九日目速報!】2敗を守った朝乃山、今日は阿炎の攻めをよく凌いだ、大きな一勝です!・・・全勝の隠岐の海が敗れ、1敗の明生も優勝争いの先頭ですか、面白くなってきました!

今日、九日目の取組を振り返る前に・・・。

今日のNHKの大相撲中継のゲストは
元安美錦の安治川親方でした。

まずは「解説デビュー」となった
安治川親方について一言。

やっぱりねえ、土俵で相撲を取って
いた時と、引退して解説席に座った
時に「こうも印象が変わるものか」
と改めて思いました。

安美錦といえば、殊勲インタビューの
際の軽妙なトークが思い出されます。

相撲だけでなく、トークにも味があった。

ところが、今日は、緊張していたのかも
しれませんが、なかなか言葉が出てこない
というか、言葉に何度も詰まる姿を見て、
「これが、あの安美錦か」と驚きました。

この逆パターンが最近では元稀勢の里の
荒磯親方です。

その現役時代、大関に上がってから初優勝
を遂げるまでの数年間、私は稀勢の里が
話す姿を見た記憶がほとんどありません。

大関になれば殊勲インタビューを受ける
こともない。

優勝すれば優勝インタビューがありますが、
稀勢の里はその初優勝をするまでに相当な
時間がかかりましたから。

引退した稀勢の里が解説席に座り、私は
「果たして、会話が持つのだろうか」と
当初は懸念したものですが、聞いてみれば、
実に饒舌で、しかも、解説が的確。

「稀勢の里は解説の練習をしていたのか」
と思うくらいにうまかった。

まあ、慣れもあるでしょうし、安美錦、
というか、安治川親方には、いずれ、
そのトーク力を生かして、解説席から
我々相撲ファンに興味深い話をぜひ
聞かせてもらいたいものです。

・・・ちょっと長くなりました。

今日の取組をいくつか簡単に振り返って
参りましょう。

まずは、全勝の隠岐の海が竜電に敗れた
一番から。

これはねえ、なんぼベテランの隠岐の海
であっても、そろそろ優勝を意識したが
故、ちょっと固くなっていたように見え
ました。

途中までは、押し合い、そして、はたき
合いの応酬。

結果的に、隠岐の海がはたいた時に左足
のバランスを崩して、自ら倒れた形に
なりましたが、「バタバタして」いました。

でも、これで1敗になって、明日からは
開き直って取れるんじゃないですか。

私は見ていませんが、前半戦の取組で
1敗の明生が今日も勝ったことにより、
現在、優勝争いの先頭は隠岐の海と
明生ですよ。

これは面白くなってきました。

その後の2敗力士の取組では、朝乃山が
阿炎に勝った一番は少し見ていきたい。

立ち合い、阿炎はいつものようにもろ手
突きから、今日はのど輪攻めもしては
終始前に出ていました。

しかし、朝乃山の成長も著しい。

阿炎の攻めを凌ぎに凌いでは、最後、
左を差してもろ差しとなり、あっと
いう間に体勢を入れ替え寄り切り
ました。

驚きましたね。

ここに、四つ相撲を取れる力士の強み
を見たというか。

ここ最近、上位に上がってくる若手は
なぜか押し相撲の力士が多い。

多すぎる。

それはそれでいいのですが、押し相撲で
「大横綱」、あるいは「名横綱」になった
横綱を私は知りません。

やっぱり、押し相撲には限界があるんです。

その壁に当たっている力士ばかりという
のが、現実じゃないですか。

御嶽海を筆頭として。

そんな中で唯一と言っていい、王道の四つ
相撲が取れる朝乃山が勝ち上がっていると
いうのは、「来るべくして来るべき力士が
来た」という感があります。

今日の一勝は大きな一勝ですよ。

最後に貴景勝の一番も少し。

今日の対戦相手は、同じ押し相撲の玉鷲。

「立ち遅れなければ、貴景勝が押し切れる」
と見ていましたが、その通りの展開となり
ました。

玉鷲のような背の高い力士は、低い当たり
から押してくる貴景勝はそもそも取りづらい
はずですから。

貴景勝の圧勝でした。

今日はこのくらいにしておきます。

明日は記事更新できるかな?

状況次第になりますが、なんとかしたいと
思います。


*朝乃山が表紙の「月刊相撲」です! ↓









posted by あらやまはじめ at 21:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | 朝乃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村