2018年05月19日

【平成30年大相撲夏場所・七日目速報】阿炎が豪栄道を破った一番は、昨日の白鵬戦の「残像」が大きく影響しましたね・・・遠藤の休場により、対戦相手の栃ノ心は労せずして7連勝、大関昇進どころか、全勝優勝も夢ではなくなってきました

参ったねえ・・・。

いや、今日は時間があると思って、ここ
最近全く触っていなかった、当ブログの
「カテゴリー」欄を整理しようとして、
先程ある程度終わらせはしたのですが・・・。

20時過ぎからPCがほとんど動かず、
固まった状態となり、再起動をしたら、
またも諸々の問題が発生し・・・。

ようやっと、書けます。

「カテゴリー」欄の整理をしようと
思い立ったのは、昨日、白鵬を破った
阿炎を「カテゴリー」に新たに追加
できなかったからです。

「カテゴリー」欄って、100くらい
しか登録できないんですよ。

Seesaaブログでは。

幕下以下の力士のところまで手が
回りませんでしたが、差し当たって
十両以上の力士は今場所の番付順に
置き換えましたので、興味のある
方はどうぞ、ご覧下さい。

阿炎も「カテゴリー」に追加しま
したしね。

で、今日、七日目の土俵ですが、
主役は昨日に続いて、阿炎でした。

阿炎が豪栄道を破った一番について、
ちょっと見ていきましょう。

立ち合い、阿炎は、昨日の白鵬戦
同様、もろ手突きで長い手を前に
出し、頭から当たる豪栄道の動きを
止めました。

豪栄道からすれば、当然、昨日の
白鵬戦のイメージがあるわけです。

ちなみに、昨日の白鵬戦、当ブログ
では「白鵬の右の張り差しを阿炎が
左から防いだ」と指摘しましたが、
改めてVTRを見てみたら、白鵬は
右から張っていませんでしたね。

ただ、少なくとも、昨日の段階
ではそう見えた。

それだけ、白鵬が「張り差し」を
してきた「イメージ」があると
いうことです。

実際には、右を差そうとして、
阿炎のもろ手突きに止められた。

いずれにしろ、阿炎の立ち合い
からの動きは素晴らしく、一気に
前に出たからこその初金星だった
わけでしてね。

豪栄道はその「残像」にまんまと
引っかかった。

・・・と言っては、言い過ぎでしょうか。

阿炎がもろ手突きから前に出るで
あろうと予想した豪栄道は、頭を
下げて前に出たわけですが、そこを
阿炎はすかさず肩すかし気味に
はたき込んで、これが見事に決まった。

まあねえ、「ノッている力士」と
いうのは、往々にしてこういう相撲
を取ります。

こういう相撲が来場所も上位陣に
通用するとは決して思いませんが、
今場所に限って言えば、阿炎を
絶賛していいでしょう。

怖さを知らない若者の台頭は、
どの世界でも、いつの時代でも
喜ばしいものです。

そういえば、「三役を経験する前に
怖さを知ってしまった」遠藤は、
今日から休場の憂き目に遭いました。

昨日の御嶽海戦で右腕を痛めたと
いうことですが・・・。

確かに、昨日の御嶽海は珍しく、
遠藤相手だからか、相当気合が
入っており、荒々しい相撲を取り
ましたが、遠藤がそこまでの重傷に
なるとは思いもしなかった。

顔に出さないからねえ、遠藤は。

しかし、遠藤の今日の対戦相手の
栃ノ心はこれで7連勝です。

労せずして、全勝を守った。

遠藤と栃ノ心の対戦を心待ちに
していた国技館のファンは残念
だったでしょうが、栃ノ心の
この「ツキ」は、偶然ではあり
ません。

大関昇進はほぼ確定ですが、
全勝優勝も夢ではなくなって
きたんじゃないですか。

一度も勝っていない白鵬戦だけが
気になりますが、もはや、ここ
数場所の力を考えれば、圧倒的に
栃ノ心の方が上でしてね。

どういう取り組みになるのか、
今から待ち切れませんよ。

最後に、3連敗となった逸ノ城に
ついて一言。

松鳳山に中に入られ、上手に
こだわるあまりに、左から右から
上手を取りに行こうとしたところで、
松鳳山にタイミングよく、右下手
投げを食らってしまった。

松鳳山のうまさが光った一番とは
なりましたが、逸ノ城のこの「負け
癖」とも呼べる不安定感は、数場所
前までの逸ノ城を想起させるようで、
ちょっと嫌な予感がしますねえ。

迷っているんじゃないですか。

まあ、相手も研究していますから
仕方がないとはいえ、今日のような
「上手にこだわる」相撲は、本来の
逸ノ城の相撲ではありません。

上手を取らずとも、前に出れば、
圧力で勝てる力はあるのですから。

せっかく良くなってきたのに、
良くなってきたら、「うまい相撲を
取ろう」という欲のようなものが
出てきているように思えて仕方が
ありません。

逸ノ城に「うまい相撲」はいらない。

がむしゃらに前に出ればいい。

今日は以上です。



*名鑑です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大相撲力士名鑑(平成三十年度) [ 相撲編集部 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/19時点)






posted by あらやまはじめ at 22:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | 阿炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村