2017年11月04日

【第95回全国学生相撲選手権・速報!】日大4年の中島望が、近畿大3年の元林健治を破り、初優勝!・・・左を差してからの一気の寄りは、既に関取レベルと言って間違いはないでしょう

今日の夕方に、NHKのEテレで
「全国学生相撲位選手権」の中継が
あることを、昼間に高一の娘から
聞きました。

なぜ知っていたのか?

私でさえ知らなかった。

でもねえ、おかげで、夕方に帰宅して
から、決勝戦の中継にはちょうど間に
合いました。

その決勝戦、日大4年の中島望と、
近畿大3年の元林健治の一番、少し
振り返ってみたいと思います。

事前の説明で「四つの中島、押しの
元林」と聞きましたが、その立ち合い、
元林は中島の肩越しに右上手を取りに
行きました。

一気に寄り立てる元林。

しかし、中島はここからがうまかった
ですね。

左を差すと、下手を引いてねえ、
元林が右から強引な投げに来る
ところを、体を預けて、寄り切り
ました。

中島には「初優勝、おめでとう!」
ですな。

決勝戦の相撲しか見ていませんが、
それだけでも既に関取レベルと
言って間違いはないでしょう。

体も大きいしね。

もっとも、学生相撲だからという
べきか、気になる点はいくつかあり
ました。

勝った後、土俵上でガッツポーズを
するのは角界では厳禁とされています
が、学生相撲では皆、やっている。

これねえ、学生相撲でも厳禁にすべき
ですよ。

こういう悪癖は、プロになってからも、
どこかで出てしまいかねません。

また、決勝戦しか見ていませんが、
その立ち合い、中島と元林の両者は、
なかなか両手を仕切り線に付けません
でした。

これも、ダメ。

こういう駆け引きは、幕内に入って
からしなさい、と言いたいし、幕内
でも嘉風あたりは、駆け引きなしで
両手を仕切り線に付いて、それでも
きちんと結果を出していますよ。

はっきり言って、「駆け引きなど、
百年早い」と言いたい。

まあ、でもねえ、プロに入れば、
親方や先輩から厳しい指導を受ける
ことは間違いないですから、今の
うちに「青春を謳歌」するのも私は
否定はしませんがね。

あまり厳しくしすぎても、辞めちゃう
し・・・。

中島は来春の卒業と同時に角界入り
かな?

早く、本場所の土俵で見たいなあ。

また、準優勝の元林は3年生ですから、
来年の大会に期待がかかります。

明日は、団体戦もあるようですから、
展開次第では【速報】を出せればと
思います。



*来月の「月刊相撲」でも、大きく
取り上げられることでしょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1030円(税込、送料無料) (2017/11/4時点)


posted by あらやまはじめ at 19:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | 中島望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村