2017年09月28日

舛の勝改め「隆の勝(たかのしょう)」が新十両、22歳のホープは千葉県柏市出身、来場所が楽しみです!・・・師匠は元隆三杉の千賀ノ浦親方ですか、昨年4月から? きっかけになったことでしょう

今日、私は東京中日スポーツを購入
しましたが、その6面に大相撲の番付
編成会議の記事が載っていました。

次の九州場所での新十両力士が発表
されました。

舛の勝改め「隆の勝(たかのしょう)」
です。

新四股名が書かれた紙を手に笑顔を
見せる隆の勝の写真が掲載されて
いましたが、隆の勝のとなりに写る
親方の顔を見て、「あっ!」と思った。

隆三杉ですよ!

私が中高生の頃に、幕内で活躍した
二子山部屋の力士。

小結まで上がったんでした。

優しそうな顔をしていてね。

その優しさのせいかどうかは分かり
ませんが、「上に行くと大負けし、
下に行くと大勝ちする」という、
典型的な力士でした。

今日の紙面で久々に見ましたが、
現役時代と変わりませんね。

柔和な笑みを浮かべていて。

なんか思い出しますなあ、隆三杉の
現役時代を。

・・・隆三杉の昔話になってしまい
ましたね。

失礼しました。

隆の勝について、少し紹介しておき
ましょう。

・千葉県柏市出身で、現在22歳。

・中卒たたき上げで2012年夏場所、
17歳で幕下に。

・しかし、そこから5年で2度、
三段目に落ちる。

・昨年4月、師匠が部屋を継承して
から、貴乃花一門に出稽古に行く
機会も増え、幕内力士の胸を借りて
力を付けた。

・苦しんだこの5年で、体重は118
キロから153キロまでアップ。

・突き押し相撲のお手本は同じ
柏市出身の元麒麟児の北陣親方。


・・・抜粋すると、こんなところ
でしょうか。

やっぱり、昨年4月から千賀ノ浦
親方が部屋を継承したのが大き
かったようですね。

貴乃花部屋に出稽古に通ったと
いうのは、間違いなく力を付ける
ことになったと思います。

貴ノ岩だけでなく、貴景勝もいる。

今度の九州場所で再十両が決まった
貴源治もいる。

どんどん若手が力を伸ばしている
部屋ですからね、貴乃花部屋は。

現役時代、隆三杉は二子山部屋で
貴乃花の兄弟子でしたから、その後
番付では抜かれたとはいえ、出稽古
も頼みやすかったのでしょう。

こういうチャンスをものにした
隆の勝には期待がかかります。

私はまだ隆の勝の相撲を見たことが
ありませんが、九州場所では一度は
チェックしておきたいですね。


*今では貴重な「隆三杉グッズ」、
紹介しておきましょう。レコード
も出していました。↓







posted by あらやまはじめ at 21:05| 神奈川 ☔| Comment(0) | 隆の勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村