2021年03月18日

【令和3年大相撲春場所・五日目速報!】北勝富士が連夜の流血で、貴景勝を破った一番は「うまかった」・・・全勝の照ノ富士を破った阿武咲、抱えられないようにうまく取りました、照ノ富士は立ち合いの手付きにより一層気を付けなければ

今場所は、我が身の生活リズムの思わぬ
変更もあり、なかなかに記事を更新でき
ない状況が続いており、読者の皆様には
忸怩たる思いです。

今日は書きますよ。

もっとも、夜も遅いので、手短かに
参ります。

昨日まで4連敗だった、先場所の覇者、
大栄翔は今日の御嶽海戦でようやっと、
初白星を挙げました。

初日にすべてを狂わされたとしか、
言いようがない。

この1勝で、吹っ切れるんじゃない
ですか。

全勝の照ノ富士が阿武咲に敗れた一番に
ついても一言。

これは、阿武咲がうまく取りましたね。

押し込んでからもろ差しになり、しかし、
照ノ富士に抱え込まれないように腰を
引いて、最後は寄り切った。

阿武咲のこの会心の相撲を、これから
照ノ富士と対戦する各力士は間違いなく
参考にするでしょう。

照ノ富士は立ち合いの手付き不十分で
最初に待ったがかかりましたが、二度目
の立ち合いは、明らかに腰が高く、圧力
もかかっていなかった。

照ノ富士は先場所以前からも立ち合いの
手付き不十分が目立っています。

確かに、照ノ富士の場合、立ち合いの
駆け引きは大関時代からやってきていま
したが、今は膝に爆弾を抱えています。

二番取れば、今日のような相撲になって
しまうんですよ。

手付きに関しては、今後より一層気を
付けなければなりませんよ。

昨日に続き、連夜の流血で貴景勝を破った
のは北勝富士でしたが、今日、最も印象に
残りました。

立ち合いは、貴景勝の方が良かった。

しかし、その後、北勝富士はうまく回り
込んで、貴景勝の攻めをかいくぐっては、
逆に左を差して、押し出しました。

「うまい!」と唸りましたよ、私は。

最後に、朝乃山が明生を破った一番に
ついても一言。

やはりねえ、朝乃山にとっては、この
レベルの力士は、右を差してしまえば、
実力差がここまで見えるのかと思える
一番でした。

今日の場合、朝乃山は左上手もがっちり
引きましたから、全く問題はなかった。

ちなみに、全勝は平幕の妙義龍のみ。

・・・10日目あたりまで全勝を続けたら、
優勝の可能性もあるかもしれません。

その時にまた触れることとしましょう。

今日はこの辺で・・・。




*大栄翔はこれからです。↓



posted by あらやまはじめ at 23:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | 北勝富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村