2017年05月15日

【平成29年大相撲夏場所・二日日速報】千代の国、新婚、初の結びの一番で鶴竜から金星には「おめでとう!」ですな・・・高安の充実ぶりはすごいね、本人の希望通り、全勝優勝できるんじゃないですか

思えば、場所前、東京中日スポーツの
一面の右上に小さく「角界のイケメン 
千代の国 結婚」という見出しが載って
いたことを、つい先程思い出しました。

その千代の国が、今日、初めての結び
の一番で大仕事をしました。

鶴竜との相撲、ちょっと見ていき
ましょう。

立ち合い、頭から当たった両者。

昨日負けている鶴竜は、突っ張って
いきました。

しかし、その直後、体を右に開いた
千代の国の引き落としにバッタリ。

千代の国、初の結びで初金星と
なりました。

やっぱり、当たりが強かったん
でしょうなあ。

同じ引き技でも、昨日の鶴竜の
ような「苦し紛れ」の引き技とは
違う。

ここは、千代の国を褒めるべき
でしょう。

千代の国は今場所、自己最高位の
東前頭筆頭まで番付を上げてきま
した。

昨日、早速、白鵬と対戦し、敗れは
したものの、土俵際で足が出た後
ではありましたが、大横綱を右から
突き落としては、見せ場を作った
ことで、「これは結構期待できる
のではないか」と思っていました。

記事にはしませんでしたが。

そしたら、二日目にして金星ですよ。

取組後、藤井康生アナ(定年を迎えた
そうですよ)が、千代の国が場所前
結婚したことを伝え、先に述べた
東中の一面を思い出したということ
です。

「おめでとう」ですな。

結婚も初金星も。

その千代の国、明日は稀勢の里と対戦
するとのことで、今日の稀勢について
も少し触れておきましょう。

昨日の当ブログでは「明日負けたら
三日目から休場でしょう」と私は
指摘しました。

今日の対戦相手は、相四つの隠岐の海
でしたが、難敵に変わりはありません。

立ち合い、正面からは稀勢の左が
入ったのかどうか、よく見えません
でしたが、隠岐が右から固めた後、
稀勢が左をねじ込んだことが、取組
後のVTRで分かりました。

左が入った稀勢は、右から抱える
ようにして前に出ましたが・・・。

解説の舞の海さんも指摘していました
が、やっぱり、本来の稀勢の相撲では
ありませんでしたね。

私には、「まだ怖々と相撲を取って
いる」ように見えました。

左を差した、というか、「入れただけ」
ですからね、今日に関して言えば。

右から抱えるのも、いつもと違って、
がっちりとは抱えていなかった。

あるいは、抱えられなかった。

下半身はケガしていませんから、
圧力で隠岐を土俵外へ持っていった
ものの、隠岐も土俵際の逆転があり
ますからねえ、危なかったといえば、
危なかった。

でも、勝ったことはなによりです。

今日も私は東京中日スポーツを購入
しましたが、今日は、デイリー
スポーツとサンケイスポーツ以外の
4紙で「稀勢」のデカ字が一面で躍り
ました。

負けてここまで騒がれるようになった
のですから、稀勢も大したものですが、
まずは序盤五日間の相撲をじっくりと
チェックしないと、今場所の稀勢が
どうなるのか、全く予想がつきません。

明日の千代の国戦も、一つの目安に
なるでしょう。

相手は勝って気を良くしていますしね。

横綱戦では、もう一番、遠藤が日馬富士
に挑戦した一番についても一言。

昨日の当ブログで、遠藤の体が動いて
いることを指摘しましたが、今日も体
自体は動いていました。

ただ、日馬富士の圧力がものすご
かったですね。

相手は横綱ですから、こればかりは
仕方がありません。

しかし、遠藤の「負け方」は、先場所
までと比べると、ちょっと違うように
見えました。

先場所までなら、遠藤は土俵下まで
吹っ飛ばされていたでしょう。

今場所はそうではなかった。

ここに、状態の良さが伺えます。

最後に、豪栄道を一気の押し出しで
破った高安についても一言。

「どっちが大関か分からない」一番
となりました。

立ち合いから、踏み込み鋭く、手も
出て、一気に押し出しては、豪栄道に
何もさせなかった。

この充実ぶりはすごいですよ。

まだ二日目ではありますが、上位陣
では最も状態がいいのではない
でしょうか。

場所前、「全勝優勝を目指す」と
語った高安。

本人の希望通りになるのではないかと
思いましたね、今日の一番を見て。


*本日の主役、千代の国! 今日はこの
若武者を愛でようではありませんか! ↓









posted by あらやまはじめ at 18:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代の国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村