2016年11月08日

「ヤング一郎」は、相撲界のイチロー?・・・新弟子検査に合格した、このハーフの18歳、大注目ですよ・・・四股名は「武蔵若」ですかね?

今日、私はサンケイスポーツを購入
しましたが、その5面に相撲関連の
記事が比較的大きく掲載されて
いました。

「ヤング一郎」ですよ。

ヤング一郎?

もうねえ、この名前を聞いた段階で、
私は耳から離れない。

ヤング一郎。

昨日の新弟子検査に合格した18歳
ですが、父はアメリカ人、母は日本人
のテキサス州出身のハーフなんだとか。

サンスポの見出しには「相撲界に
イチロー」と大きく掲載されて
いましたが、身長178センチ、体重
115キロで、無事、新弟子検査を合格
しました。

よかったねえ、まずは。

元横綱武蔵丸が親方の武蔵川部屋に
入門するというのもいい。

武蔵川親方なら、ハワイ出身で英語も
話せますしね。

何か、深刻な悩みとかができたとしても、
母国語で話せるというのは大きいですよ。

しかし、四股名はどうなるんだろう?

ヤングという名字を生かすのか、
一郎という名前を生かすのか?

個人的には「一郎」という四股名も
アリかとは思いますがね。

一発で覚えてもらえるでしょう。

それこそ、「相撲界のイチロー」を
名乗るのなら、それが最もしっくり
来ますが・・・。

武蔵川部屋の力士は「武蔵〜」という
四股名が多いですから、「武蔵一郎」?

それだと、四股名には聞こえませんね。

ヤングという名前の音を生かすのは、
漢字にしようとすると、案外難しい。

「楊」を使えば、中国人に間違えられ
かねませんしね。

ヤングは「若い」という意味ですから、
「武蔵若」あたりはどうか?

これも、武蔵丸の現役時代にしのぎを
削った若乃花を思い出しかねませんが、
この辺が妥当なのではないかと個人的
には思います。

まあ、違和感があっても、時間が経てば
慣れますし、出世してからであれば、
四股名を変えることだってできます。

いろいろな意味で大注目ですよ。

ヤング一郎。

覚えておきましょう、みなさん。



*懐かしい、武蔵丸のカード、紹介して
おきましょう。↓






posted by あらやまはじめ at 23:34| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 若一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村