2020年11月22日

【令和2年大相撲十一月場所・千秋楽速報!】貴景勝、決定戦では文句なしの王道の押し相撲でした、2年ぶりの優勝おめでとう!・・・照ノ富士は本割では見事な相撲を取りましたが、その代償か、決定戦では膝がもたなかったかなあ・・・

今日は、何と言っても、結びの一番です。

1敗の貴景勝と2敗の照ノ富士の直接対決。

私も大いに注目して見ていましたが、その
本割の一番からまずは振り返って参ります。

立ち合い、貴景勝はいつものとおり、頭
から低く当たりました。

一方の照ノ富士は、差しに行きました。

しかし、貴景勝としては、なんとしても、
照ノ富士には組ませたくない。

押し続ける貴景勝。

一旦は両者、土俵上で「見合う」ような
形となり、どうなるかと思いましたが、
照ノ富士、左から張ると、右を差して、
左の上手を取り、組み止めた。

間髪入れずに前に出ると、貴景勝、
たまらず、崩れ落ちた。

照ノ富士、浴びせ倒し。

これで両者13勝2敗となり、優勝決定戦と
なりました。

今年初めてですか、決定戦は?

さて、その注目の決定戦ですが・・・。

立ち合いから低く、下から押し込んだ
貴景勝が一方的に押し出しました。

文句なしの王道の押し相撲でした。

貴景勝には「2年ぶりの優勝おめでとう!」
と祝福したい。

勝った直後には、涙腺が緩んでいるよう
にも見えました。

やっぱりねえ、一人大関としての重圧も
間違いなくあったはず。

かたや、照ノ富士は本割では見事な相撲を
取りましたが、その代償か、決定戦では
膝がもたなかったように見えました。

事実、取組後、花道を歩く照ノ富士の姿を
見れば、膝の痛みに耐えきれず、びっこを
引きながら、痛々しい表情をしていました。

なんぼ、大ケガから復活してきたとはいえ、
一日に二番取ることはまだ叶わないので
あろうことも、今日の一番を見て、よく
分かりました。

それでも、先場所は勝ち越し直後に休場
したことを考えれば、よく千秋楽まで持ち
ましたよ。

照ノ富士の膝ばかりは、一進一退でしょう
から、休み休みやるしかない。

かといって、稽古をしなければ、相撲勘も
鈍ってくるわけで、調整は非常に難しいかと
思われます。

・・・さて、今場所は、当ブログでは何日か
「休場」しまして、期待している読者の
皆様には大変がっかりさせてしまいました。

こういうことは、当ブログが始まって以来、
初めてのことです。

なぜ、「休場」したのか、それは私自身が
忙しかったこともありますが、かつては
どれだけ忙しくとも、本場所中は何が何
でもチェックしたものです。

つまり、今場所に関して言えば、そこまで
チェックする気にはならなかったという
こと。

ようは、「つまらなかった」。

これに尽きます。

今朝のTBSの「サンデーモーニング」で
張本勲さんが、今場所の相撲を評して、
「何十年ぶりだろう、こんなにつまらな
かったのは」と言っていましたが、私より
相撲を長く見ている、好角家の張本さんが
全国放送で断言するくらいです。

別にロートルの二横綱がいなくても構い
ませんが、大関の朝乃山と、新大関の正代
が相次いで休場したことは、あまりにも
大きすぎました。

詳しくは、明日、【総括】で触れることに
しましょう。

今場所、当ブログも「休場」が多い中、
お付き合い頂き、有難うございました。



*興味深い一冊です。↓





posted by あらやまはじめ at 21:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 貴景勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村