2017年01月15日

【平成29年大相撲初場所・中日速報】まさかの荒鷲、白鵬撃破には、ただただ驚きました!…辛勝の稀勢の里がこれで単独トップですか、でも、今日は危なかったですよ

今場所最大の驚きです。

今日の結びの一番、白鵬と荒鷲の
対戦。

勝負はあっという間に決まりました。

立ち合い、荒鷲は左上手をすぐに
引きました。

つい先日、鶴竜を破った時と同じ
です。

そこから、一気に前に出ましたね。

一方の白鵬、なすすべなく、土俵を
割りました。

大相撲中継の放送時間ギリギリで、
VTRでもう一度見たかったですが、
白鵬はまわしに手が届いていな
かったでしょう、たぶん。

しかし、正直なところ、荒鷲が
白鵬に勝てるとは、これっぽっち
も思っていませんでした。

なにしろ、白鵬は初顔合わせの
力士相手に28連勝中だったわけ
ですからねえ。

仕切り中の様子を見ても、荒鷲は
淡々と仕切っていてねえ。

「勝てるわけない」という風に
しか見えなかった。

ひょっとして、白鵬は稽古場でも
荒鷲と肌を合わせたことはなかった
んですかねえ。

先日の鶴竜同様、「甘く見た」と
しか言いようがありません。

しかし、荒鷲という力士は、
左の上手を取ると、ああいう
相撲が取れるんですなあ。

星は現在、2勝6敗と上がって
いませんが、こうなったら、
なんとか勝ち越してほしい
ですね。

勝ち越せば殊勲賞は間違いない
ですから。

白鵬の敗戦により、単独トップに
立ったのは、今日全勝を守った
稀勢の里です。

しかし、危なかったですよ。

その隠岐の海との対戦を少し
振り返ってみましょう。

立ち合い、左を差せなかった
稀勢。

一方の隠岐の海は、稀勢がやや
呼び込んだところを、一気に中に
入って、前に出ました。

もろ差しですよ。

私は「稀勢、負けた」と思い
ました。

ところが、稀勢は土俵際、左から
九死に一生の突き落としを決め、
辛うじて勝ちをもぎとりました。

隠岐の海の左膝の状態が良くなく、
足が伸びてしまったこともあり
ますが、稀勢は今場所、体が動いて
いるからこその、執念の突き落とし
だったと私は思います。

負けを勝ちに変えられたのは
大きい。

しかも、その直後、白鵬が敗れた
わけですからねえ。

しかし、まだ1差です。

ないに等しい。

これまでのことを考えればね。

明日以降、稀勢は白鵬との直接
対決まで、何が何でも星を
落とさないことです。

直接対決までに2差が付けば、
稀勢の初優勝も濃厚になって
くるとは思いますが、現状では
何とも言えませんなあ。

最後に、今日も松鳳山に敗れ、
6敗目となったカド番の琴奨菊
について一言。

がぶり寄りで相手を土俵際まで
追い込むことはできても、そこで
足が流れて敗れてしまうという
光景が「毎度おなじみ」になって
しまいました。

もう、九分九厘、大関陥落は
間違いない。

明日は稀勢の里戦ですか。

悪いことは言わない、明日から
休場して、来場所、関脇で二桁
勝つために体を休めた方がいい
ですよ。

現実をきちんと見ないと。

ここから、勝ち進んでも、世間は
「八百長」としか見ません。

決断の時です。



*今日の大相撲中継のゲスト、
パックンの本を紹介しておき
ましょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツカむ!話術 [ パトリック・ハーラン ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/1/15時点)


posted by あらやまはじめ at 18:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 荒鷲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村