2016年04月15日

町田市で80年ぶりの巡業ですか、町田出身の北太樹にとっては、何よりでしたね…東京の中でも町田は両国からは遠い、毎年巡業をやってほしいものです

今日、私は久々に報知新聞で
相撲記事をチェックしましたが、
9面ながら、興味深い記事を見つけ
ました。

昨日、東京は町田市で春巡業が
行われたと。

町田での巡業は、なんと、80年
ぶりとのこと。

80年?

そんなに長い間、町田には力士が
来なかったのか。

私は川崎市の西の端の多摩区に
住んでいますから、町田市も
比較的近く、馴染みもありますが、
これ、もっと相撲協会は町田に
来なきゃと思いましたね。

私の住んでいる川崎市の西の端も
そうですが、両国って遠いんですよ。

両国は「東京場所」とも言われます
が、その東京付近でも両国が遠いと
感じる相撲ファンはたくさんいるん
です。

下手したら、「旅行」になります
からね、相撲観戦が。

だから、私もおいそれと両国に
なかなか行けないわけです。

それにしても、町田巡業で一際
輝きを放ったのは、町田出身の
北太樹でしょう。

実際、報知新聞の記事でも、
北太樹は生後六ヶ月の長男と
土俵に上がったとありました。

これは、うれしかっただろう
なあ、北太樹にとっては。

一生に一度あるかないか、です
からね。

…そうですよ、こうして「ご当地
力士」がいる土地を優先的に巡業で
回るのはどうでしょう?

大相撲は、仙台で幼少時を過ごした
私が東北出身力士を応援したように、
地域性というものが色濃くあります。

他のスポーツよりも強いでしょう。

これを生かさない手はありません。

まあ、力士にとっては大変ですが、
お客さんあっての大相撲ですからね。

町田市にだって毎年巡業に来て
ほしい。

分かっていれば、私だって見に
行きたかった。

間近で力士がを見れば、子供たち
だって、「わあ、すごい!」となる。

30数年前、仙台準場所で力士を
間近で見ては、こうして当ブログ
を書き続けている私が言うのです
から、間違いない。

再考を促したいですね、相撲協会
には。


*珍しい、北太樹のカード、どうぞ。↓


ラベル:北太樹 報知新聞
posted by あらやまはじめ at 19:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北太樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村