2016年05月05日

琴勇輝が「ホウッ!」をやめる?…なら、白鵬にも「エルボー」とダメ押しをやめさせるべき…まあ、出場停止にするしかないでしょう、もう

今日、私が購入した日刊スポーツ
にはそんなに大きく載っていません
でしたが、琴勇輝が、先般の審判部
からの注意を受けて、「ホウッ!」
をやめることを明言しました。

むしろ、一般紙の産経新聞の方が
大きく掲載していました。

これをどう見るか?

私は「本末転倒だ」と言いたい。

いや、いいんですよ、別に琴勇輝が
「ホウッ!」をやめても。

ですが、あれを喜んでいるファンは
多いわけでしてね。

本来、審判部が琴勇輝を注意したのは、
白鵬の土俵上でのぞんざいな振る舞い
を指摘する、というのが前提として
あったわけです。

その白鵬は、いまだに改善を明言
していない。

スポーツ紙も、指摘しようにも、腰が
引けて、書けない。

もう、審判部が出場停止にするしか
ないんでしょうね、あの「大横綱」は。

琴勇輝の「ホウッ!」はお客さんを
喜ばせました。

が、白鵬のダメ押し、さらには
私はむしろこちらの方を禁止すべき
と思っていますが、かち上げからの
「エルボー」、あれでどれだけの
ファンが喜んだのか?

だれも喜んでいませんよ。

早急な対応が必要なのは、むしろ
白鵬の方であって、琴勇輝では
ありません。

審判部は「注意しても改善され
ない場合は、出場停止もあり得る」
と明言しました。

なら、白鵬は出場停止にするしか
道はありません。

あの取口が一朝一夕に改善される
とは、とても思えない。

これねえ、相撲協会はもっとこの
ことを喧伝すべきです。

「不要なダメ押しをしたら、
即出場停止にする」

というようにね。

もっと言えば、立ち合いの張り手
にも制限を設けるべきだと思います
が…。

審判部は「エルボー」について、
何の指摘もしていませんが、あれも
禁止すべきでしてね。

だって、相撲の技ではないですから。

まあ、一度に全部は改善できません。

一つずつですな。

ここまで綴ってきて思いましたが、
夏場所、白鵬の優勝はないのではない
でしょうか?

「ぞんざいな取口」ができないとなると、
白鵬がどういう相撲を取るのか、予想も
付かない。

下手したら、10勝5敗くらいの成績に
終わるかもしれませんよ。

そういう意味では、夏場所、注目
かもしれません。

白鵬の取口にね。

posted by あらやまはじめ at 18:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 琴勇輝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村