2017年09月27日

【平成29年大相撲秋場所・総括・平幕編】敢闘賞の阿武咲には、技能賞もあげて良かったと思いますねえ・・・殊勲賞の貴景勝と共に同じ21歳、来場所以降「時代を変える男」になっていくんじゃないですか

お待たせしました。

【総括・平幕編】です。

今場所の平幕は、見るべき、語る
べき力士がたくさんいます。

上から順に見ていきましょう。

まず、西前頭筆頭の元大関、琴奨菊
から。

初日、豪栄道を、二日目は照ノ富士を、
そして、三日目には日馬富士を撃破。

最高のスタートを切り、当ブログでも
私は「琴奨菊は優勝できるのではない
か」とすら書きました。

四日目も勝って、4連勝。

しかし、五日目から4連敗し、「中盤
戦を前に息切れか」と思ったものの、
十日目からは再び4連勝で勝ち越し、
最終的には二桁勝ちました。

やっぱり、この力士は左を差して、
がむしゃらにがぶって寄っていけば、
まだまだ力があることを、今場所の
相撲で証明しました。

来場所は小結復帰は確実。

捲土重来を期待したいですね。

東前頭二枚目の北勝富士は、残念
ながら負け越してしまいましたが、
日馬富士を破った相撲を始めとして、
今場所は見応えのある相撲が多かった。

来場所も番付は一枚落ちるでしょう
が、上位戦が楽しみな力士です。

東の三枚目、阿武咲は、今場所の
立役者の一人でした。

特に、前半戦は。

中日まで7勝1敗でしたからねえ。

新入幕から3場所連続二桁勝利は
史上初ということもあり、敢闘賞を
受賞しましたが、個人的には技能賞
もあげて良かったと思います。

押し相撲の力士はなかなか技能賞を
もらえないことが多いですが、何も
小兵力士で飛んだり跳ねたりする
力士だけがもらうものではありません
からね、技能賞は。

押し相撲ながら、圧力をかけて、
相手が前に出てくるところを、
タイミングよくはたく、これも技能
相撲です。

今場所の阿武咲の相撲には一つの
型がありました。

まあ、今場所は三賞力士が4人
出ましたからね。

三賞選考委員会は、珍しく「大盤
振る舞い」しましたから、技能賞が
取れなくても仕方ないかな。

西の三枚目、千代大龍も久々に
存在感を発揮しました。

十日目まで8勝2敗。

この力士も阿武咲同様、押し相撲の
力士ですが、当たり自体は阿武咲
よりも強いと感じます。

ただ、「センス」は阿武咲の方が
上かなあ。

終盤戦5連敗しましたが、このあたり
が課題ですかね、来場所以降の。

西五枚目の貴景勝は、後半戦に入り、
十日目に日馬富士を、十三日目に
豪栄道を破り、結果的には優勝争い
を左右する活躍をし、殊勲賞を受賞
しました。

この力士も強くなりましたねえ。

先場所は初めての上位戦で苦しい
土俵が続きましたが、場所を追う
ごとに強くなっている。

折しも、阿武咲とは同じ21歳。

来場所以降「次代を変える男」に
なっていくんじゃないですか。

今場所は3横綱2大関が休場しました
が、これ幸いとこういう力士が成績を
挙げたというのは「不幸中の幸い」
でしてね。

出てくる力士は、こういう「群雄割拠」
の時を無駄にしない。

平幕下位では、もう一人、千代丸の
健闘を少し取り上げたい。

「千代丸タン」とファンの間では
呼ばれて、人気者でもある千代丸
ですが、先場所久々に返り入幕を
果たしてから、今場所も9勝6敗と
勝ち越しました。

私は今場所の千代丸の相撲は数番
しか見ていませんが、そのすべてで
いい相撲を取っていました。

あの丸い腹は一つの武器でしてね。

あの腹がこれまで千代丸の動きを
鈍くしていた面がありましたが、
再入幕後は、その腹をむしろ利用
して、動きが良くなってきました。

千秋楽の勢戦なんか、勢が千代丸
の腹のせいで、まわしに手が届き
ませんでしたから。

来場所は自己最高位の前頭一桁台
に番付を上げてくるでしょう。

ちょっと密かに注目したいですね。

今場所は十両以下でも注目の力士
が多いですが、二人だけ少し挙げて
おきましょうか。

まずは、東十両二枚目で二桁勝った
安美錦について一言。

当ブログでも終盤、安美錦について
少し取り上げましたが、ケガもある
程度は癒えて、相撲が戻ってきた
感があります。

来場所は最高齢での返り入幕が確実。

39歳ですよ、来場所には。

一場所でも長く取ってもらいたいです
ねえ。

最後に、序ノ口から、序二段、今場所は
三段目で3場所連続優勝を飾った炎鵬
についても一言。

千秋楽の三段目優勝インタビューで
少し見ましたが、白鵬の弟弟子なん
ですなあ。

小柄ではありますが、初土俵から3場所
連続全勝優勝は見事です。

来場所は幕下に上がります。

ここでも優勝するようなことがあれば、
22歳の炎鵬も「時代を変える男」の
一人になっていくかもしれません。

大いに注目したいと思います。

【総括】はこのくらいにしましょう。

他にも取り上げたい力士はたくさん
いますが、キリがありませんのでね。

まだまだ角界のニュースは続きます。

秋巡業もすぐに始まりますし、休場
力士がどう戻ってくるのか、見どころ
は九州場所が始まるまでたくさんあり
ます。

当ブログでは順次、角界のニュースを
追っていきたいと思います。

こちらも、どうぞ、ご期待下さい!



*「月刊相撲」最新号の表紙は、
久々の日馬富士! いい写真です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2017年 10月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)







posted by あらやまはじめ at 21:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | 阿武咲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村