2019年04月27日

今週の「週刊プロレス」の「北尾光司 追悼アルバム」には、双羽黒時代の記事も載っていて、読み応えがありました!・・・対千代の富士戦で通算6勝8敗、いろいろありましたが、横綱にして良かったと私は今でも思っています

今日から10連休ですが、読者の皆様は
どうお過ごしになられますか?

私の場合、微妙なところでして、途中、
仕事に出る可能性がありながらも、
おそらくは10連休になるのではと
思っています。

これはこれで、どうかという思いも
ありますが、こういう機会もなかなか
ありません。

家の中の不要なものを一気に捨てて、
キレイサッパリしようかと少し気合が
入っています。

ホント、ないですからね、10連休なんて。

他にも、当ブログも含めて、いろいろ
整理したいと思っていますし、やりたい
ことはたくさんあります。

まあ、実際、予想したとおりにうまく
行くかどうかは分かりませんが。

普段、なかなかできない読書もしたいと
思って、今日、高3の娘を連れて図書館
に行っては、何冊か本も借りてきました
が、果たしてどこまで読めるかどうか。

そんな中、今日は、昨日、私が購入した
「週刊プロレス」の記事について一つ。

週刊プロレス?

相撲ブログでプロレス?

早合点しなさんな。

当ブログで取り上げるからには、相撲
絡みですよ。

今週の「週刊プロレス」の表紙は飯伏
幸太でした。

(コチラです。↓)




飯伏幸太?

「いぶしこうた」と読みます。

うちの娘が大ファンでしてね。

娘に「おみやげ」で買いました。

と当時に、個人的には、「週刊
プロレス」の表紙の上の方をご覧
下さい。

「北尾光司 追悼アルバム」と
あります。

私はコチラを読みたかった。

ようは、娘が飯伏の記事を読んだ
後に、北尾の記事を読むという
思惑があったわけです。

今日になって、「北尾光司 追悼
アルバム」の記事を読んだわけ
ですが・・・。

これねえ、驚きましたよ!

「週刊プロレス」ですから、相撲の
ことなどまず取り上げないだろうと
思っていたら、10数ページの記事の
中で、2ページにわたって、写真付き
で「第60代横綱・双羽黒」の記事も
取り上げていました。

これだけで十分ですが、短い記事の
中でも初耳だったことはありました。

双羽黒の父が建設会社の重役だった
こととか。

しかも、一人息子のボンボンだった
ことも初めて知りました。

・・・まあ、だからと言って、双羽黒の
経歴に傷がつくとは思いませんが。

しかし、分かっているようで、「ああ、
そうだったか」と再認識したことが
ありました。

それは、当時の第一人者と言っても
よかった千代の富士戦で、通算6勝
8敗と、ほぼ互角に戦っていたという
事実です。

これはねえ、「ああ、そんなに勝って
いたか」と、私も驚きました。

当時、高校生だった私は、双羽黒が
「あと一歩で優勝できなかった」と
いう印象ばかり残っていましてね。

でもねえ、あの当時の千代の富士に
そこまでの戦績を残していたのは、
北尾、というか、双羽黒しかいない。

「週刊プロレス」にも載っていた
とおり、確かに、当時は横審からも
「時期尚早では」という意見はあり
ました。

ですが、千代の富士の一人横綱の
時代が長く続き、優勝経験がゼロ
でも横綱にせざるを得なかった。

これはねえ、当時、高校生の相撲
ファンだった私も「北尾は横綱に
すべきだ」と思っていました。

つまらなかったもの。

千代の富士一人勝ちがそんなに
面白かったか?

やっぱり、拮抗する力士が出てこそ、
大相撲は面白くなるわけでしてね。

実際、横綱に昇進してからも、優勝
に絡んではいましたよ、双羽黒は。

少なくとも、先の稀勢の里と比べれば。

稀勢の里の場合、「横綱に昇進させる
のが遅すぎた」という感はありますが
北尾の場合は「早すぎた」、これに
尽きます。

でも、あの時代背景を考えれば、私は
横審の判断が間違っていたとは決して
思いません。

あれは、あれで良かった。

北尾を横綱にしたせいで、後の大関が
横綱に昇進するのが厳しくなったことは
事実です。

それでも、当時は北尾を横綱に昇進
させて良かったと私は今でも思って
います。

あれしか、なかった。

ああするしかなかったんですよ。

あの時は。

なんだろうねえ。

あの当時のことを思い出しました。

後年、双羽黒の横綱昇進に「あれは
間違いだった」と言う人もいますし、
その心情も分からないではないです
が、当時に実際、相撲を見ていた人
なら、あの昇進にケチをつける人は
いなかったはずです。

双羽黒という力士はそれだけの
素晴らしい逸材だったことは改めて
指摘しておきたい。

今日はこの辺で・・・。




*見ておきたい。↓



posted by あらやまはじめ at 22:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | 過去の名力士たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村