2017年11月23日

【平成29年大相撲九州場所・十二日目速報】久々覚醒、逸ノ城は豪栄道相手に「大関相撲」を取って勝ち越し、来場所も楽しみです・・・高安を破って2敗キープの北勝富士は、本気で優勝を狙うべきですよ

連日、大相撲の話題で満載です。

今日のスポーツ紙もほぼ全紙が
「貴乃花親方」を一面に持って
きました。

これ、後程、私の公式ブログか
ニュースブログで取り上げたい
と思います。

当ブログでは、あくまで本場所中
は【速報】に特化したいと思って
いますので。

今日の取組で目を見張ったのは、
二人の大関戦です。

まずは、豪栄道に逸ノ城が挑戦した
取組から見ていきましょうか。

今場所の逸ノ城については、当ブログ
でも絶賛してきていますが、今日も
逸ノ城、体が動いていました。

立ち合い、豪栄道はすぐに、右四つ
になり、左上手も取りました。

先場所までなら、ここですぐに豪栄道
は勝負を決めたことでしょう。

しかし、今場所の逸ノ城は一味違います。

豪栄道を動かさないんですなあ。

逸ノ城は右は入りましたが、左上手を
なかなか取れない状態が続きました。

豪栄道、たまらず前に出ますが、
逸ノ城は肩越しに左上手を取り
ました。

こうなると、今場所の逸ノ城は勝負
できます。

豪栄道はもろ差しになり、前に
出ますが、重い逸ノ城を寄り切れ
ない。

逆に、小さい豪栄道は体力が徐々に
消耗してきました。

捨て身で前に出た豪栄道でしたが、
逸ノ城、悠々とその寄りを残すと、
左から豪栄道を「ぶん投げ」た。

圧巻の上手投げでしたよ。

大関相撲。

こんな逸ノ城は久々に見ました。

・・・いや、初めてかもしれない。

以前、好調だった頃の逸ノ城は
このような力強い相撲はなかなか
取れなかった。

勢いに任せて、勝っていた相撲が
多かった感がありますが、今場所の
逸ノ城は一段階レベルアップしま
したねえ。

覚醒しましたよ。

今日、豪栄道に勝って、十二日目で
勝ち越し。

残り三日あります。

全部勝てば、三役復帰も夢ではあり
ません。

勝ち越してホッとするのではなく、
来場所も見据えて、残りすべて貪欲
に勝ちに行ってほしいですね。

逸ノ城が上位に上がってくると、
面白い。

ましてや、「以前の逸ノ城」ではない
わけですから、来場所以降、再び台風
の目になる可能性もあります。

ここまでだいぶ遠回りしましたが、
よくぞ復活してきました。

歓迎したいねえ。

今日はもう一番、2敗の北勝富士が
3敗の高安に挑戦した取組についても
一言触れておきましょう。

北勝富士という力士も今場所、目に
見える形で飛躍した一人です。

それも、大きくね。

今日は高安相手に、真っ向から押し
込んでタイミングよく引き落とし
ましたが、圧力があるからきれいに
決まった。

本来、高安の方が北勝富士のような
相撲を取るべきなのですが、高安は
昨日勝ち越してカド番を脱出した
ことから、守りに入ってしまった
かなあ・・・。

この辺は、大関になってカド番に
ならないと分からない心境かも
しれません。

しかし、高安だって、3敗だった
わけでね、勝っておけば、逆転優勝
の目がないわけではなかった。

北勝富士の気合が上回ったという
ことでしょう。

本気で優勝を狙うべきですよ、
北勝富士は。

最後に、「昨日の主役」、嘉風と
白鵬の相撲について一言ずつ。

嘉風は千代の国との対戦で最後、
投げを打たれた時に、右足親指が
返ってしまいました。

取組後、痛々しい姿が映されました
が、明日の朝になってみないと、
こればかりは分からないでしょう。

負けた後、花道を引き揚げる時、
嘉風は痛々しそうでしたが、自力で
歩いてはいました。

骨折までは行っていないと思います。

脱臼か捻挫かといったところかと
思いますが、6勝6敗ですし、残り
三日で勝ち越しもかかっています。

余程のことがない限りは明日も出場
するはずです。

また、結びの白鵬は御嶽海と対戦
しましたが、御嶽海の方が今日は
やりづらそうに見えました。

負けた翌日の白鵬は、いつもの倍
以上に気合を入れてきます。

御嶽海は立ち合いから腰が引けて
いましたよ。

まあ、今場所の御嶽海は場所前の
ケガもあり、あまり調子も良くない
ですしね。

「無理しても、仕方がない」という
姿勢がアリアリでした。

しかし、白鵬は、立ち合いの張り手を
やめませんねえ・・・。

まあ、相撲界も問題をいろいろと
抱えています。

本来、「平時」に、白鵬の見苦しい
立ち合いについて議論を先にすべき
でしたが、もうしばらくはできない
だろうなあ。

日馬富士の暴行問題で。

さらには貴乃花親方の頑なな姿勢の
問題で。

「駄々っ子」であり「クレーマー」の
白鵬の天下はしばらく続くと思います。

悲しいですがね。

来場所あたり、私も相撲を見るのを
辞めようかとも思ったりします。

本来の相撲が白鵬のせいでどんどん
消えている現状を見るとね。

・・・まあ、しばらく様子を見ましょう。


*興味深い一冊です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雷電から御嶽海まで 信州の相撲人 [ 亰須利敏 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)









posted by あらやまはじめ at 21:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | 逸ノ城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村