2017年03月16日

【平成29年大相撲春場所・五日目速報】豪風の動きの良さは褒め称えるべきですが、負けた豪栄道は休場でしょう・・・慌てず、急がず、泰然としている稀勢の里は、八割方優勝確定と言っていい

今日から白鵬が休場することは、
既に当ブログでも今日の午後に
【速報】でお伝えしましたが、
もう一人、明日以降、近いうちに
休場濃厚な上位の力士が出てきま
した。

大関の豪栄道です。

昨日まで1勝3敗の豪栄道は、今日、
昨日まで四日連続横綱戦が続いた
豪風が相手でした。

豪風はベテランながら、先場所から
動きは良く、横綱戦が続いていた
こともあり四連敗でしたが、状態は
そんなに悪くないと思っていました。

これが、状態の悪い大関相手だと、
「こういう相撲になる」という典型
でしたね、今日は。

立ち合い、豪栄道は右差しを狙って
前に出ましたが、豪風のいなしに
足が付いていかない。

頭が下がった豪栄道、回り込んだ
豪風に、いいように肩すかしを
食らいました。

先場所後半、豪栄道は足首を痛め、
休場しましたが、おそらくはまだ
治っていないのでしょう。

相撲になっていないもの。

初日から。

白鵬に続いて、明日から休場の
可能性は大きいと言わざるを
得ませんね。

無理は禁物ですよ。

カド番でもないし。

その後の稀勢の里と勢の一番に
ついても触れましょう。

昨日、白鵬を破った勢は、今日も
立ち合いの踏み込みは良かった。

ですが、稀勢はすぐに左を差し
ましたね。

逆に言えば、勢は得意の右を
差せないわけで、この時点で
勝負は決まっていました。

稀勢は、終始前に出ていました。

左四つから下手もがっちりと
引いて、じわじわと寄っていき
ましたねえ。

最後は右上手も引いて、盤石の
寄り切り。

この五日間、ずっとそうですが、
稀勢は慌てず、急がず、泰然と
しています。

序盤を終えて、全勝は稀勢の他に
照ノ富士、高安など計5人いますが、
安定感は群を抜いている。

白鵬も今日から休場しましたし、
八割方優勝確定と言っていいん
じゃないですか。

有力な対抗馬となるのは、弟弟子
の高安で間違いあるまい。

その高安、今日は成長著しい正代が
相手でしたが、強烈な右ののど輪
から相手の体を起こして、すぐに
突き落とし。

自由自在。

力の差を見せつけました。

下手したら、この両者で全勝同士、
優勝決定戦なんて展開もあり得る
かもしれません。

それくらい、この両者は今場所、
充実しています。

最後に、玉鷲に敗れた琴奨菊に
ついて一言。

もったいなかったですね、琴奨菊は。

左差しからがぶって前に出たのに、
足が滑ってしまった。

大関復帰へ二桁必要なのに、これで
3勝2敗。

二横綱に勝ったのは大いに評価でき
ますが、残り7勝3敗が必要となると・・・。

今から相撲の型を変えることは
できません。

得意の左差しからのがぶり寄りを
信じるしかないでしょう。

優勝した時のことを思い出してね。

明日からの中盤戦、琴奨菊の相撲
にも引き続き注目していきたいと
思います。



*好評発売中! ↓







posted by あらやまはじめ at 18:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 豪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村