2017年10月11日

関脇に陥落の照ノ富士は、19日から秋巡業に合流予定ですか・・・どこまで相撲が取れるのか分かりませんが、二桁勝てばすぐに大関に復帰できる、注目したいと思います

今日、私が購入した日刊スポーツの
10面の下の方に、小さな相撲記事を
見つけました。

「照 19日に合流へ」がその見出し
でした。

先の秋場所で左膝の負傷により、
途中休場を余儀なくされ、来たる
九州場所では関脇に陥落すること
となった照ノ富士。

ここのところ、その名前を新聞でも
見つけることはありませんでしたが、
19日から秋巡業に合流する予定で
あることが明らかとなりました。

今日の記事からは膝の状態がどこ
まで回復しているのか記載があり
ませんでしたが、ある程度は回復
してきているのでしょう。

でなければ、巡業に途中から合流も
できないでしょうから。

ただ、劇的に回復するということは
ないはずです。

膝の回復には時間がかかります。

膝をやられると致命傷ですから・・・。

ただ、膝が悪くとも、ある程度回復
すれば、「だましだまし」であっても、
照ノ富士はそこそこの相撲を取れる
体と技術があります。

ここに一縷の望みをかけるしかない
でしょうなあ、照ノ富士は。

九州場所は関脇で迎える照ノ富士
ですが、二桁勝てばすぐに大関に
復帰できます。

序盤をうまく乗り切れば、また、
膝の状態が最悪でなければ、
照ノ富士なら二桁勝つのは、
それほど高いハードルでは
ないと思うんですよねえ。

つい数場所前までは優勝争いも
していたくらいですから。

膝の状態次第、としか言いようが
ありません。

照ノ富士という力士は「規格外」
の力士でしてね。

相手にもろ差しを許しても、
外四つで、あるいは、きめて、
土俵外に持っていく力がある。

これは、現在の角界でも照ノ富士
にしかできない。

しかし、膝が悪いと踏ん張れません
から、先場所あたりは、この形に
なると、相手にそのまま寄り切ら
れてしまっていました。

・・・すべては膝の回復次第。

そう考えれば、巡業でもあまり
無理をせずに、本場所に向けて
の「調整」がメインになるのでは
と思います。

巡業で膝の状態を悪化させて
しまえば、本末転倒ですしね。

まだまだ、やれるはず。

ここはじっくり、膝と相談して、
九州場所に向けて、万全の状態
を作ることを願いたいですね。

来場所にかけての照ノ富士、
ちょっと注目したいと思います。



*照ノ富士のカード、紹介して
起きましょう! ↓




posted by あらやまはじめ at 21:26| 神奈川 🌁| Comment(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村