2017年11月22日

【平成29年大相撲九州場所・十一日目速報】嘉風の「待った」は100%ない、その理由を白鵬に教えてあげるしかないか…嘉風が仕切り線に両手をつき、行司が軍配を返し、勝負審判が誰も手を挙げなければ仕切り直しはないんですよ

今日は、結び前にもいい相撲が
たくさんあり、「どの取組を当
ブログで論じようか」と迷って
いましたが、結びの一番ですべて
吹き飛びました。

結び、嘉風が白鵬に土をつけた
取組について、詳しく触れて
いくことにしましょう。

嘉風は、誰と対戦するときでも、
立ち合い、必ず両手を仕切り線に
つけます。

私は以前から「若手力士は、
嘉風の立ち合いの所作を見習う
べきだ」と力説してきました。

なにしろ、嘉風のように、両手を
仕切り線につけていれば、少なく
とも嘉風の方から「待った」に
なることはまずないわけですから。

あるとすれば、嘉風が早く立って
「突っ掛けた」ときだけです。

嘉風の側が立ち遅れて仕切り直しに
なることは100%ない。

今日の白鵬戦は、嘉風が立ち遅れた
ケースでした。

ちなみに、白鵬も両手を一瞬でも
土俵につけましたから、白鵬の
「待った」もない。

呼吸は合っていました。

白鵬、相変わらず「バカの一つ覚え」
のように左から張り手を食らわし、
右から「エルボー」に行きましたが、
嘉風が立ち遅れて棒立ちになった。

ここで白鵬はなぜか力を抜きました。

嘉風、すぐにもろ差しになり、前に
出る。

嘉風に寄られる中、白鵬は右手を
広げました。

行司に「待った」のアピールです。

これを見て、私は「白鵬は何を
アピールしているのだろう?」と
首を捻りました。

以前、似たようなケースで日馬富士
が力を抜いたことがありましたが、
その時のことを思い出しましたね。

というか、今回とは逆のケースで
相手の立ち遅れで白鵬が勝った
ケースはこれまで何回も、いや、
何十回もある。

負けた腹いせで、さらには直前の
福岡国際センターの「嘉風コール」
で冷静さを失っていたのかもしれ
ませんが、ここは白鵬が生まれる
前から相撲を見てきた私が僭越
ながら教えてあげるしかない。

嘉風が仕切り線に手をついて立ち、
行司が軍配を返し「残った」を
言って、土俵下の勝負審判が手を
挙げなければ、立ち合いは成立
なんですよ。

100%。

例外はない。

白鵬は何をとち狂ったのか?

39回も優勝していて、そんなことも
分からなかったのか?

というか、白鵬にあのような
変則的な立ち合いをする力士は
ほとんどいませんから、勘違い
したのかもしれませんが、負けて
土俵の上に上がってこなかった
あの態度は、現在問題になって
いる日馬富士の暴行問題以上に
私は問題だと思います。

行司に手でジェスチャーをして
反抗的な態度を取ったあの姿は
横綱の取る態度ではありません。

横綱の品格「ゼロ」です。

この取組の勝負審判長の山科親方に
促され渋々土俵に上がりましたが、
まだ行司にクレームをつけている。

しかも、嘉風が懸賞金を受け取り、
代わりに弓取りの聡ノ富士が東の
土俵に上がっているのに、白鵬は
まだ土俵の上で手を広げて抗議の
態度を示している。

はっきり言いましょう。

今日の白鵬が取った一連の態度は
引退勧告を受けてもおかしくない
ものです。

「もう、こんな横綱はいらない」
と改めて思ったのは、私だけでは
あるまい。

39回の優勝の価値が消えたとまでは
言いませんが、好角家なら誰もが
知っていることを、「大横綱」と
呼ばれる力士が知らないというのは
衝撃でもあります。

結局のところ、「モンゴル相撲」を
引きずったままなんですよ、白鵬に
しろ、他のモンゴル人力士にしろ。

日本の相撲界に入って、日本で稼ぐ
ことを決意したのであれば「同化しろ」
とまでは言わずとも、日本の相撲に
ついて、日本人以上に知る覚悟が
必要なんです。

その覚悟がなかったことが、今日の
態度で露呈されたと言われてもおか
しくはないでしょう、白鵬は。

正直、「明日から強制的に休場」を
宣告されても不思議ではない。

対戦力士はおろか、行司、さらには
勝負審判、ひいてはお客さんも含め、
すべての人々に敬意を欠いたあの
態度は、引退勧告ものです。

負けたことを逆恨みしていると
しか思えない。

駄々っ子であり、クレーマーです。

一般社会から言えば。

まあ、こんな態度を取っている
ようでは、白鵬も長くはない。

私が当ブログで再三再四指摘して
いるように、白鵬は「自分さえ
勝てば、何をやってもいい」と
思っている力士です。

見苦しい、立ち合いの張り手に
「エルボー」、さらには自分が
負けた時に負けを認めず、今日の
ように「クレーマー」のような
態度を取っては、すべての人々を
嫌な気持ちにさせるその一連の
行動は「横綱」とは到底呼べる
ものではありません。

案外、自ら身を引く可能性もある
んじゃないですか、白鵬は。

そんなに張り手や「エルボー」を
やりたいなら、さっさと角界から
去って、プロレス界や格闘界に転向
すべきということは、私もかつて
から当ブログで力説してきました。

「その時」じゃないですか。

もう、ホント、白鵬はいらない。

勘弁してほしい。

相撲を見たくなくなる。



*相撲ファンなら、基本に立ち返って
読みたい必携の一冊です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲の歴史/新田一郎【2500円以上送料無料】
価格:2621円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)











posted by あらやまはじめ at 18:54| 神奈川 ☁| Comment(1) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村