2016年04月17日

高崎巡業に、曙が現れては、貴乃花親方に花束を!…そういえば、「曙貴時代」以来、ライバル関係なるものは、とんと見なくなりましたなあ

今日、私はサンケイスポーツ
を購入しました。

当然ながら、スポーツ欄にも
先の熊本地震に絡んだ報道が
多くなされています。

角界でも、白鵬が力士会を代表
して、「協会と共にやっていけ
れば」と語っています。

力士にしかできないことは、
たくさんあります。

しかし、現在混乱している状況
では、「何かをする」と言って
も、難しい面はあるでしょう。

少し落ち着いてからでいいの
ではないでしょうか。

そういう気持ちを角界も持って
いるということが大事だと思い
ますよ。

さて、今日私がサンスポの6面を
見ていて、「あっ」と声を上げた
写真があります。

曙と貴乃花親方ですよ。

昨日の高崎巡業に、曙が姿を
見せては、貴乃花親方に花束を
渡したと。

土俵上でこの両者が顔を合わせた
のは、貴乃花親方の断髪式以来と
いうことですが、曙によれば、
「目を合わせたのは、2000年九州
場所以来」だと。

曙が最後の優勝を飾った場所以来。

約15年ぶりですか。

そんなに経つんですねえ。

この両者の笑顔の写真を見て、
懐かしい気持ちになったのと
同時に、「こういうライバル関係、
最近は見ないなあ」と思いました。

朝青龍が数場所一人横綱の時代を
経て、白鵬が横綱に上がった頃、
ほんの一時、「朝白(しょうはく)」
なんて呼ばれたこともありましたが、
朝青龍が引退を余儀なくされること
により、その後は白鵬の一強時代が
長く続きました。

現在、白鵬に一時の強さが見られ
なくなったとはいえ、その状況は
まだ続いていると言っていい
でしょう。

曙と貴乃花の幕内での対戦成績は
貴乃花の23勝22敗。

こういう拮抗した対戦をもっと
見たいんですよねえ、千秋楽の
結びの一番で。

白鵬とここまで拮抗している力士
はいませんからね。

白鵬が弱くなってから勝っても
遅いんですよ。

せいぜい、稀勢の里、あるいは
ケガが癒えてからの照ノ富士
あたりしかいないかなあ。

もうちょっと頑張ってもらわ
ないとねえ。

巡業部長の貴乃花親方にも、
かかる期待は大きいですよ。

曙も「親方の指導で変わっていく
と思う」と言っていました。

しかし、変わるべきは、力士の
方です。

貴乃花親方は、力士か変わって
くれるように動機付けをすること。

いい方向に向かってくれることを
一相撲ファンとして願っています。

posted by あらやまはじめ at 18:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村