2013年10月02日

35歳で史上最年長の三段目優勝を果たした天一を、遅ればせながら愛でたい

これねえ、まさに「遅ればせ
ながら」の記事になってしまい、
大変申し訳ないですが、あえて
取り上げさせて頂きたい。

今日、購入した日刊スポーツで、
各段の力士の成績表を見ていて、
「あっ」と思いました。

三段目優勝を果たした天一
(てんいち、です)。

幕内で言えば、13日目に三段目
の優勝を7戦全勝で決めていま
した。

取り上げようと思いつつも、
後回しになってしまい、恐縮
です・・・。

この天一ですが、35歳10か月で
三段目優勝を果たしたわけです
が、何が凄いかと言えば、幕下
以下の各段優勝者では史上最年長
の優勝というところ。

初土俵は1993年の春場所という
のですから、もう20年相撲を
取り続けているわけです。

1997年の名古屋場所で三段目
優勝をしていたようですが、
それ以来、16年ぶりの三段目
優勝。

これはこれで、賞賛されるべき
だと思いますね、私は。

上に上がれないのはつらいで
しょう。

ですが、取り続けるということ
は、もっとつらいと思います。

35歳と言えば、幕内力士では、
安美錦や時天空に近いのかな?

もっとも、旭天鵬や若の里と
いった「化け物」(いい意味で、
ですよ)もいますがね。

こういう力士がスポーツ紙で
大きく取り上げられ、スポット
ライトを浴びる、というのは、
やはり大相撲のもう一つの
醍醐味でありまして、「年齢
を重ねても、頑張っている力士
がいるんだなあ」と改めて敬服
させられます。

若手だけじゃない。

こういうベテランもいるから
こそ面白いのが大相撲です。

一度、見てみたくなりましたよ、
この天一の相撲を。

天一よりも年上で頑張っている
力士はたくさんいます。

これで満足せずに、今一度、上を
狙ってほしいですね、天一には。

改めて、天一関、三段目優勝、
おめでとうございます!


*天一も載っている! ↓

posted by あらやまはじめ at 21:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村