2018年07月14日

【平成30年大相撲名古屋場所・七日目速報】貴景勝のペースに乗せられて、敗れた豪栄道は「協会の看板」を意識し過ぎじゃないですか・・・唯一全勝キープの御嶽海は、相撲が落ち着いてきましたね

先に栃ノ心が今日から休場との
話題を当ブログでも【速報】で
お伝えしました。

今場所最大の目玉だった新大関の
休場で、この名古屋場所もさぞ
盛り上がらないかと思いきや、
今日の土俵を見る限りでは、
そんなことは決してありません
でした。

しかし、カド番の大関二人の
うち、豪栄道が結びの一番で
貴景勝に不覚を取りましたね。

その一番から少し見ていき
ましょう。

立ち合い、貴景勝は相当低く
当たりましたよ。

豪栄道の立ち合いも低かった
んですがね。

その後は、貴景勝の突き押しに
豪栄道は「付き合う」形となって
しまいました。

体が離れて見合うシーンもあり
ましたが、ああいう形になった
こと自体、豪栄道は貴景勝の
ペースに乗せられてしまったと
でも言いましょうか。

直後、つかまえようと頭を下げて
向かった豪栄道は、貴景勝にいな
され、土俵にバッタリと手を付いて
しまいました。

豪栄道、3敗目。

3横綱だけでなく、大関の一角で
ある栃ノ心が休場となり、「協会の
看板」を意識し過ぎているんじゃ
ないですか、豪栄道は。

現在出場している上位陣では「格」
から言っても、代理とはいえ、
「トップ」でしょうからね。

とはいえ、カド番であることに
変わりはないわけです。

まずは、がむしゃらに勝ち越しを
目指すところから考えた方がいい
と思います。

慌てすぎですよ。

全勝を守った御嶽海の一番も少し
見ていきましょう。

今日の対戦相手は、元大関の琴奨菊。

御嶽海の今日の取り口を見て、私は
やや驚きましたね。

立ち合い、琴奨菊は得意の左四つと
なり、御嶽海は差し負けました。

ところが、御嶽海は琴奨菊のがぶり
寄りを難なく残しては、左四つの
まま体を預けて、万全に寄り切り
ました。

なんでしょう。

相撲が落ち着いてきたように思え
ますね、御嶽海は。

「オレが優勝するだろう」と本人も
思っているんじゃないですか。

客観的に。

ただねえ、まだ七日目ですから。

明日の中日を挟んで、後半戦、長い
ですよ。

大関戦も二番残していることを考え
れば、そう簡単に優勝が転がって
くるとは思えないんですよねえ。

今日、1敗を守った遠藤あたりが後半に
なってスルリと抜け出しそうな気が
するのは私だけでしょうか?

今日はこの辺で・・・。



*お手元にどうぞ・・・前の3人は今場所
いませんが。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大相撲力士名鑑(平成三十年度) [ 相撲編集部 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/14時点)







posted by あらやまはじめ at 20:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 豪栄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村