2019年10月28日

【令和元年・大相撲九州場所番付速報!】小結4人と聞き、一瞬「審判部の英断か」と思いましたが・・・これなら、関脇4人にした方がまだしっくり来たと思ったのは私だけでしょうか?

夜も遅いので、手短かに参りましょう。

今日、来たる九州場所の番付が発表
されたことで、早速当ブログを更新
しようと思ったのですが・・・。

その後、思わぬニュースを聞いて、
更新が遅れた次第です。

そのニュースとは「高安と杜このみ
ちゃんの結婚」ですよ。

先に、この話題、私の「演歌・歌謡
ブログ」で記事にしましたので、興味
のある方はご覧下さい。↓

・【速報!】杜このみちゃんが大関・高安と結婚へ!・・・2年の交際で、既に婚約済み?・・・参ったねえ、今年最大の驚きです、私にとっては

http://enka-kayo.seesaa.net/article/471196478.html


・・・私は古い人間でして、「相撲好きの
演歌好き」なわけですが、こうして
見れば、やっぱり密接に絡んでいるん
ですなあ、相撲と演歌は。

今回の一件を見ても。

・・・気を取り直して、新番付について
一言。

今回、「小結が4人」と聞いて、私は
「審判部も思い切ったことをやるじゃ
ないか」と一瞬、大いに評価しようと
思ったわけですが・・・。

よくよく、小結4人のメンツを見れば、
先場所小結の地位で勝ち越した阿炎と
遠藤は据え置き。

これを見て、私は「審判部、相変わらず
だな」と思わざるを得なかった。

私は先場所の総括のブログで「関脇には
張り出しでもいい、阿炎を上げるべき」
と書きました。

それが、小結のままというのは、硬直化
した現在の角界をそのまま番付に反映
したように思えてなりません。

筆頭で勝ち越した北勝富士並びに前頭
上位で二桁を挙げた朝乃山を小結に
挙げたことは評価できます。

が、東小結で二場所連続勝ち越した
阿炎には半枚でもいいから番付を
上げるべきでした。

遠藤は東小結に半枚上げてね。

でなければ、なんのために勝ち越した
のか分からない。

これなら、「小結4人」ではなく、
「関脇4人」にした方がまだしっくり
来た。

そう思うのは私だけでしょうか?

どうも、審判部なる組織は「ひねくれて
いるのではないか」と私は最近思って
います。

まあ、私もひねくれでは負けていない
つもりですが、審判部のひねくれぶりは
想像以上にひどい。

どこまで行っても、「これでもか」と
いうくらいにひねくれている。

好角家を納得させるような新番付を
提供してくれたことは皆無です。

「皆無に等しい」ではない、「皆無」
です。

ゼロなんですよ。

だから、一言言いたくなるんです。

まあ、明日の角界の話題は高安の結婚
一辺倒になるでしょうから、「関脇
4人にすべき」なる言論も封じられる
のでしょうが、それも「相撲協会が
高安の結婚を、ひねくれた新番付に
ぶつけたのか」とさえ思いたくもなる。

・・・高安の結婚をどうこう言うつもりは
毛頭ありませんが。

「小結4人」で九州場所が面白くなるか
と言えば、必ずしもそうは思えません。

阿炎と遠藤が、その地位についてどう
思うか。

思えば、遠藤も結婚したんでした。

であれば、なおさら「ご祝儀」で遠藤も
関脇に上げるべきではなかったか?

・・・今日はこの辺で。



*高安と結婚する杜このみちゃんのCD、
紹介しておきます。かわいいねえ! ↓








posted by あらやまはじめ at 23:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村