2018年03月25日

【平成30年大相撲春場所・千秋楽速報】高安はよくぞ取り直しの末、鶴竜を破りました、来場所は「綱取り」です・・・栃ノ心も二桁に乗せて、来場所は「大関とり」、今から楽しみになってきました!

昨日の十四日目の時点で既に優勝は
鶴竜に決まりましたが、今日の千秋楽
も見どころはありました。

中でも、結びの一番、鶴竜と高安の
対戦については、ちょっと詳しく
見ていきましょうか。

結果的に、取り直しとなったこの
一番ですが、まずは物言いがついた
最初の一番から。

立ち合い、低く当たった鶴竜に
対して、高安はかち上げに行き、
その圧力に鶴竜は思わず引いて
しまいました。

高安は構わず前に出ますが、
土俵際、鶴竜に回り込まれ、
突き落とし。

行司軍配は一旦、鶴竜に上がり
ました。

私も見ていて、鶴竜の足が残って
いたのではと思いましたが、直後、
VTRで見れば、鶴竜の左かかとが
明らかに徳俵の外に先に出ている。

しかし、高安の左足の甲が返って
いたのも見逃せず、審判部の判断は
「同時とみなし、取り直し」となり
ました。

まあ、難しい判断でしたから、これは
取り直しで正解でした。

しかし、解説の北の富士さんも指摘
していたとおり、最近は「甲が返って
いるかどうか」で物言いの協議が
長引くことが多くなりました。

簡単に言えば、「甲が返っていれば、
死に体(たい)」という原則がある
からこそこういう物言いがつくのです
が、昔はそこまで厳しくなかった
ような気もします。

まあ、今は何かあれば、すぐにネット
とかで叩かれる時代でもありますし、
審判部も慎重に慎重を期していると
いうことでしょう。

悪いことではないと思います。

さて、取り直しの一番もちょっと
見ていきましょう。

もっとも、勝負はあっけなくつき
ました。

高安は、立ち合い、右から張って
いっては、左を差して、一気に
前に出ました。

高安は先の一番で足を痛めたように
見えましたが、今日の向上面の解説、
舞の海さんの指摘どおり、「勝負を
早く決めたかった」が故のあの立ち
合いであり、文字通り「走る相撲」
となりました。

「何が何でも勝つ」という気迫に
あふれていましたね。

この一勝はデカイですよ、高安に
とっては。

なにしろ、二場所連続で12勝で
準優勝ですから。

仮に来場所13勝以上で優勝でも
すれば、再来場所には横綱昇進は
確定的でしょう。

来場所は「綱取り」場所になります。

盛り上がることでしょう。

また、私は見ることはできません
でしたが、栃ノ心が逸ノ城を破って
白星を二桁に乗せたというのは、
これもデカかった。

というのも、もし9勝で終わって
いれば、先場所の優勝が「大関とり
の起点」とみなされなくなる可能性
があったからです。

先場所14勝、今場所10勝であれば、
来場所の「大関とり」には間違い
なくつながる。

しかも、今場所は優勝した鶴竜にも
勝って、殊勲賞ももらっている。

11勝すれば、再来場所の大関昇進は
確実です。

10勝でも内容次第では行けるのでは
ないでしょうか。

来場所は稀勢の里はさておいて、白鵬
は戻ってくるでしょうから、二横綱を
破っての二桁勝利を挙げれば、大関
昇進は決定的ですよ。

特に白鵬には20何連敗中ですからね、
栃ノ心は。

なんでしょう。

ちょっと、今から楽しみになって
きましたよ、来場所が。

他にもいろいろ書きたいことはあり
ますが、場所後の恒例の【総括】で
触れたいと思います。

早ければ、明日にでも書きたいですが、
状況次第で遅れるかもしれません。

少なくとも、水曜には書けるはず。

その間に、相撲界は揺れ動いています
から、別の記事を【速報】で書くかも
しれませんが、その際はご容赦下さい。

今場所も楽しませてもらいました。

相撲関係者に感謝すると共に、読者
の皆様にも日々ご覧頂き、感謝して
おります。

15日間、ありがとうございました!



*「月刊相撲」、4月号の表紙は鶴竜
でしょう。3月号と一緒にどうぞ。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2018年 04月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2018年 03月号 [雑誌]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)






posted by あらやまはじめ at 21:29| 神奈川 | Comment(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村