2013年02月27日

東北出身の遅咲き、新入幕の双大竜と大岩戸に期待したいね

仙台出身の私は、小さい頃から
「宮城県出身力士」のみならず、
「東北出身力士」を贔屓にして
いました。

それは、地元の新聞、河北新報
の影響が大きいと思いますが、
「東北出身力士」の星取表は、
地元欄に載るんですよ、序ノ口
力士であっても。

ですから、目は自然と東北出身
力士に行かざるを得ません。

古くは、宮城出身力士で言えば、
青葉城と青葉山は長年、双璧
でしたね。

その後、高望山が関脇まで行き
ましたが、五城楼は三役まで
行けなかったんですよねえ。

・・・宮城出身力士はさておき、
昨日、春場所の新番付が発表
され、うれしいニュースが二つ
飛び込んできました。

時津風部屋の双大竜と、八角
部屋の大岩戸が、それぞれ、
30歳を過ぎて、新入幕を果たし、
しかも、彼らがそれぞれ、福島
と山形出身ということで、宮城
出身の私としても、「ご当地
力士」と呼んでいいと思える、
久々にうれしいニュースとなり
ました。

まあ、30歳を過ぎての新入幕
ですから、いわば「長年の功労
に対するご褒美」と言っても
いいかもしれませんが、入幕
したからには、やっぱり好成績
を残して上位に上がってほしい
という気はしますね。

正直、通常、私も十両の取組
は滅多に見ませんから、二人の
取組も全く分かりません。

ですが、幕内ならではの緊張感
とでも言いますか、お客さんも
多いですから、やりがいも出て
くるでしょう。

期待したいね、ご当地出身力士
でしかも遅咲き、というだけ
でもね。
ラベル:双大竜 大岩戸
posted by あらやまはじめ at 20:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 双大竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村