2018年03月20日

【平成30年大相撲春場所・十日目速報】全勝の魁聖、右四つ左上手のがっぷり四つになったら、今の逸ノ城には敗れても誰も文句は言うまい・・・豪栄道のあの変化は何ですか、「栃ノ心は自分より強い」と自ら認めているようなものではないですか

今日十日目の土俵、私は比較的、
後半の中継は見ることができました。

今日の最大の注目は、昨日まで
全勝の魁聖と小結で2敗の逸ノ城
の対戦でした。

ちょっと、振り返ってみましょう。

もうねえ、やる前からある程度は
分かっていましたが、立ち合いから
すぐにお互い、右四つ左上手の
がっぷり四つの展開となりました。

今場所快進撃を続ける魁聖の相撲、
私はほとんど見ていないのですが、
なんぼ魁聖が好調であったとしても、
この形になれば、今の逸ノ城に分が
あることは明白でしてね。

膠着状態が土俵中央で続きましたが、
最後は逸ノ城が力の差を見せて、
魁聖を寄り切りました。

逸ノ城はこれで勝ち越し。

2敗力士は今日で一気に減って、
逸ノ城は横綱大関戦を残して
いることから、予想通り、後半
の「キーマン」になりつつあり、
さらには初優勝を狙える位置にも
いることは間違いない。

明日からの終盤戦、もはや、一番
たりとも見逃せません。

また、魁聖は1敗となりましたが、
まだ分かりませんよ。

今後の対戦相手次第では、最後
まで優勝争いに絡むチャンスは
あります。

「一生に一度のチャンス」かも
しれない。

今日の負けに腐らずに、頑張って
ほしいですね。

さて、豪栄道と栃ノ心の対戦に
ついても一言触れましょうか。

これはねえ、何と言えばいいのか・・・。

立ち合い、豪栄道は左に変化しま
した。

おそらく、栃ノ心はこの変化を
全く予想しておらず、勢い余って
土俵際へ。

しかし、そこで残ったあたりは、
栃ノ心の先場所から続く好調ぶり
が伺えます。

もっとも、栃ノ心、残るのが精一杯
でして、背を向けた栃ノ心を豪栄道
は難なく送り出しました。

これをどう見るか。

大阪のファンは地元力士の豪栄道を
無条件で応援しているのは分かり
ますが、これはブーイングを浴びせ
てもおかしくはなかった。

私は今日の豪栄道には「恥を知れ!」
と断罪したい。

大関のプライドはゼロでしょう。

あの変化は「栃ノ心は自分より強い」
と自ら認めているようなものでしてね。

でなければ、あんなあからさまな変化
などしまい。

情けない。

「目先の一勝」にこだわるように
なったら、もう先はないですよ。

最後に、昨日豪栄道を破った千代丸が
初めて結びの一番で鶴竜に挑戦した
取組について一言。

立ち合い、鶴竜は左から張って、
千代丸の勢いを止めては、右を
差して、一気に寄り切りました。

まあねえ、千代丸にとっては、
初の結びの一番です、取れた
だけでもいい経験になったの
ではないでしょうか。

欲を出しちゃいけない。

さて、明日は唯一全勝の鶴竜が
逸ノ城と対戦します。

これは楽しみですね。

逸ノ城は今日のように右を差して
組めば勝機は十分にありますが、
鶴竜はうまいですからねえ。

その形にはしないでしょう。

張っていくんじゃないですか。

また、2敗をキープした高安と
栃ノ心の一番も期待したい。

栃ノ心からすれば、明日敗れれば
二場所連続優勝はほぼなくなり
ます。

一方、高安は初日から2連敗こそ
しましたが、その後8連勝で勝ち
越し。

両者とも、最近は立ち合いから
かち上げを武器にしていますから、
立ち合いは注目ですよ。

この後、貴公俊についてのことも
少し触れたいですが・・・。

公式ブログかニュースブログで
取り上げたいと思います。



*魁聖のカード、せっかくです、
紹介しましょう! ↓














posted by あらやまはじめ at 20:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | 魁聖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村