2016年01月06日

大砂嵐、左膝のケガ治らず、初場所は全休へ…まだ23歳、十両に落ちても、すぐに戻ってこれますよ、頑張ってほしいですね

今日の日刊スポーツの6面に
「大砂嵐が休場 十両転落へ」
との見出しが載っていました。

大砂嵐は先場所後半、左膝
内側の半月板損傷のため、
途中休場し、手術をしたところ
までは私も知っていました。

元々、その荒々しい相撲の
取り口もあってか、左肩も
含め、ケガが多い力士である
ことはよく知られていますが、
半月板ですから、治りが悪かった
のでしょう。

膝の故障で思い出されるのは
遠藤ですが、彼の場合は休場は
しませんでした。

遠藤は取り口が正攻法で、他の
箇所で大きなケガがなかった
から出場できたのでしょうが、
それでも、ケガをして以来、
本来の相撲を取れずに、もがき
苦しんでいます。

私は今でも休んでおくべきだった
と思う。

先場所後半なんかは、相撲になって
いませんでしたからね。

大砂嵐は、ただでさえ、ケガが
多かったから、ここいらで休場
して、しっかりと治すことは、
私は正解だと思います。

まだ、23歳ですよ。

十両に落ちても、すぐに戻って
これるはずです。

栃ノ心だって、あれだけの大ケガ
をして、幕下に落ちながらも、
不屈の闘志で三役にまで戻って 
きたんです。

大砂嵐はまだ若いし、なんぼでも
やり直しがきくと思いますよ。

頑張ってほしいですね。
posted by あらやまはじめ at 18:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大砂嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村