2018年03月10日

大砂嵐が引退勧告を受けるのは当然ですが、いざ本当に辞めるとなると、一抹の寂しさはあります・・・貴乃花親方は相撲協会を告発、明日からの春場所の【展望】は・・・

遅くなりました。

今日は、明日から始まる春場所の
【展望】について当ブログでは
語る予定でしたが・・・。

最近の角界は、あまりにも話題が
多すぎましてね。

私は今日、スポニチを購入しました
が、その一面は「貴親方 告発」
でした。

貴乃花親方が相撲協会を告発した
という記事。

これについては、後程、今日中に
私のニュースブログで取り上げたい
と思います。

語りたいことが多すぎて、ちょっと
取り上げられません、当ブログでは。

【展望】も最後に少し取り上げる
ことにして・・・。

やっぱり、今日、私が当ブログで
語りたいのは、大砂嵐の引退です。

これはねえ・・・。

私も当ブログで、大砂嵐が先の
「無免許運転で事故」を起こした
ことで、「引退勧告を受けるのは
当然」と断罪しました。

悪いことは悪いわけでね。

ですが、いざ本当に辞めるとなると、
一抹の寂しさを覚えるのは私だけ
でしょうか。

やっぱりねえ、「一時代を築いた
力士」の一人だったと思いますよ。

最高位は西前頭筆頭で、三役に
上がることはありませんでしたが、
横綱との初対戦から2連続金星を
挙げた頃は、今思えば、大砂嵐が
最も輝いていた時期だったのかも
しれません。

スポニチでチェックしたら、あれは
2014年名古屋場所でしたか。

4年前。

あの頃、今高一の我が娘もだんだん
相撲に興味を持ち始めた頃で、大砂嵐
のことを好きだったことを今も覚えて
います。

しかし、大砂嵐の引退勧告に関して、
高一の娘は今は特に何も思っていない
ようでして、この一件だけでも、
「歳月とは残酷なものだ」と改めて
思った次第です。

この4年の間に、次から次に若手力士
が出てきましたからねえ。

そりゃあ、「4年前の栄光」なんて、
若者はすぐに忘れますよ。

しかし、相撲好きの中年は覚えて
いる。

まだ、白鵬がさほど「張り手と
エルボー」を立ち合いで見せな
かった円熟期、やや停滞していた
土俵上に「疾風」を起こして
くれた大砂嵐のことはね。

何より、「初のアフリカ大陸出身
力士」として、相撲史に名を残した
ことは間違いありません。

最後の最後に、残念な結果となって
しまいましたが、これで「アフリカ
出身力士の排除」には動かないで
もらいたいものです、相撲協会には。

まだまだ、埋もれた才能はたくさん
眠っているはずですから。

それを掘り起こすのも、協会、いや、
親方衆の使命でしょうなあ。

今後の角界の発展を考えればね。

さて、最後に、明日からの春場所の
【展望】について少し。

栃ノ心が一つのキーになるであろう
ことは昨日、当ブログで触れました。

では、優勝力士の本命は?

私は、高安と見ます。

横綱では鶴竜一人が出場を決意
しましたが、状態は万全ではなく、
序盤で負けが込むようであれば、
休場に追い込まれる可能性は大
です。

先場所は栃ノ心の優勝が大きな
話題となりましたが、高安が
準優勝で12勝を挙げたことを
忘れてはいけません。

今場所、高安が優勝すれば、
来場所は綱とりですよ。

幸運なことに、スポーツ紙を
見ても、高安に関する話題は
皆無と言っていい。

この「プレッシャーのない状態」は
高安にとっては好都合とも言える
でしょう。

風は吹いています。

あと、「序盤を全勝で切り抜けたら」
という条件付きで、三役に復帰した
逸ノ城も台風の目になる可能性は
あるでしょう。

ここ数場所の逸ノ城の安定ぶり
には素晴らしいものがあります
からね。

明日からの春場所、当ブログでも
なるべく早めに【速報】を出せる
ようにしたいと思っています。

土日以外は、遅くなる日もある
かもしれませんが・・・。

こちらもご期待頂ければ幸いです。




*最後に、大砂嵐のカード、いくつか
紹介しておきましょう。↓












posted by あらやまはじめ at 22:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大砂嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村