2017年11月26日

【平成29年大相撲九州場所・千秋楽速報】安美錦、勝ち越して17年ぶりの敢闘賞に号泣、もらい泣きですよ、こちらも・・・阿武咲、貴景勝、北勝富士らによる「世代交代」はもう目の前です

昨日、白鵬の優勝が決まり、今日は
「のんびりと」と言ってはなんですが、
気楽に大相撲中継を見ていました。

ですがねえ、意外にも、見どころは
多かった。

なにより、今日は安美錦について
まずは取り上げましょう。

今場所序盤5連勝と最高の出だしを
見せた安美錦。

しかし、その後は、年齢的な疲れも
あったのでしょう、負けが込んで、
昨日まで7勝7敗。

今日は同じ7勝7敗の千代翔馬が相手
でしたが・・・。

立ち合い、すぐに左を差してねえ、
千代翔馬が前に出てくるところを
タイミングよく右からの上手出し
投げで一蹴。

勝ち越しと同時に、新入幕以来
17年ぶりの敢闘賞を受賞すること
となりました。

三賞インタビューを見ましたが、
安美錦、号泣でしてね。

初めて見たなあ、安美錦のああいう
涙は。

久々に幕内に戻ってきて、しかも
同じ部屋の日馬富士による暴行
事件もあり、気が気ではなかった
でしょう。

張りつめたものもあったはず。

昨日まで4連敗で、追い詰められて
いたところもあったかと思いました
が、よくぞ勝ちましたよ。

安美錦の号泣に、私ももらい泣き
です。

39歳でしょう?

ああいう涙を見せられるとねえ・・・。

ダメだね、40も半ばを過ぎると、
ついつい涙腺が緩くなってくる。

まあ、今日は「安美錦の日」でした。

良かったですよ、勝ち越せてね。

三賞までもらって、もう思い残す
ことはないんじゃないかな。

・・・もちろん、来場所も頑張って
もらいたいですが。

同じ7勝7敗同士の対戦では、阿武咲と
宝富士の一番も見応えがありました。

もっとも、勝負は阿武咲の一方的な
押し出しですぐに決まりましたが、
阿武咲だって、安美錦とは逆に3勝
7敗からよくぞ立て直してねえ、
最後の最後に勝ちこしましたよ。

立派です。

新三役の小結で勝ち越して、三役を
死守。

これはデカイですよ。

来年に向けてね。

しかし、先場所以上に今場所は「世代
交代」が進んだという印象を受けます。

阿武咲が宝富士に勝った一番もそう
ですが、貴景勝が隠岐の海に勝った
のもまさにそう。

幕内下位とはいえ、昨日まで優勝争い
に加わっていた実力者の隠岐の海を
貴景勝は全く問題にせずに押し出し
ました。

2横綱1大関を破った貴景勝、殊勲賞も
受賞です。

宝富士にしろ、隠岐の海にしろ、
30歳を超えています。

2、3年くらい前には「次期大関候補」
の声も上がっていた二人ですが、
もはや若武者の前にはなすすべが
なかった。

今日玉鷲に敗れたものの、11勝を
上げた北勝富士も昨日まで優勝争い
に加わって、その徹底した押し相撲
が評価されたことにより、技能賞を
受賞することとなりました。

阿武咲、貴景勝は21歳。

北勝富士は25歳。

「世代交代」はもう目の前です。

今場所に関して言えば、まだ24歳
の逸ノ城も西の4枚目で二桁を挙げ
ました。

同じ24歳で関脇の御嶽海も、場所前
ケガをして本調子ではなかったとは
いえ、9勝でしょう?

昨日、まさかの結びの一番で白鵬に
ぶつけられた27歳の遠藤あたりも
含めて、20代前半から半ばの力士が
今年の一年納めの九州場所で大いに
存在感を見せてくれたのは、来年に
向けての吉兆と言えます。

昨日の当ブログでも触れましたが、
上位の30代の力士は軒並み引退を
目前としています。

新陳代謝が必要なのはどの世界でも
同じですが、角界でも当然言える
ことでしてね。

今場所は恒例の【総括】が書けない
かもしれませんので、総括めいた
ことを書かせてもらえれば、安美錦
を始めとするベテランがオールド
ファンを喜ばせる一方で、阿武咲、
貴景勝、北勝富士といった若手が
「世代交代」を如実に見せ始めた
というのが、今回の九州場所の
特徴ではなかったかと思います。

これは、「地殻変動」に近い。

先にも名前を挙げた宝富士、隠岐の海
だけでなく、かつての大関候補と
言われた栃煌山も上位で大きく負け
越し、同じような立場だった妙義龍も
幕尻に近い番付で昨日から休場し、
来場所は再び十両落ちが確実です。

幕内上位の顔ぶれが完全に変わって
きました。

願わくば優勝力士も新たな人材が
出てきてほしいところではあります
がね。

まあ、来年は、これらの若手の中
からだれかしら、優勝する力士が
出てくるでしょう。

今場所の【総括】、できれば改めて
記事にしたいですが、難しいかも
しれません。

今場所は、土俵外の話題もあります
し、そちらを優先することになる
可能性も、どうしても高くなります。

状況を見ながら、記事の更新をして
いきたいと思いますので、どうぞ、
日々、当ブログをチェックして
頂ければ幸いです。

まずは、今場所も15日間、ありがとう
ございました!



*「月刊相撲」の11月号に続く12月号
の表紙は? ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1030円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2017年 12月号 [雑誌]
価格:1030円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)






posted by あらやまはじめ at 21:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | 安美錦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村