2017年10月01日

元大関の把瑠都が、舞台「グリーンマイル」に初出演!・・・先日は「あさイチ」にも出演していましたしねえ、今後はマルチタレントを目指すのかな?

当ブログでは、引退後も元大関の
把瑠都について、時折記事を掲載
してきました。

(*過去記事、興味のある方はご覧
下さいませ。↓)

・タグ / 把瑠都
http://sumoarayama.seesaa.net/tag/articles/%94c%97%DA%93s


4年前、ケガで大関から陥落後、
大関復帰が叶わないとなって、
すぐに引退を決めた把瑠都。

今思えば、私は把瑠都の相撲に魅了
されていたと、つくづく思います。

今の角界では、照ノ富士が把瑠都に
近いところがありますが、ちょっと
違うんですなあ。

それは、把瑠都が「レスリング出身」
だったということが関係していると
思っています。

上手の取り方とか、肩越しから平気で
取ったりして、考えられないような
取り口でしたからねえ。

相撲をやっていた人間の相撲では
なかった。

でも、逆にそのような破天荒な相撲が
全くと言っていいほど見られない、
現状の角界を鑑みれば、把瑠都の
存在は貴重だったと思います。

そんな把瑠都は一昨年の年末に
「RIZIN」なる団体で総合格闘技に
挑戦しました。

その後も総合格闘技で頑張っている
のかと思っていたら、つい先日、
NHKの朝の番組「あさイチ」に出演
しては、「今度、舞台に出る」と
いう話をしていました。

私も舞台は、昨年来、月に一度は
観劇しては、姉妹ブログで記事を
盛んに取り上げています。

どちらのブログに載せようかと
思っていたら、今日、私が購入
したデイリースポーツの芸能欄で
「把瑠都 舞台初出演」なる記事を
見つけました。

やはり、把瑠都は相撲出身ですから、
こちらに載せることにしましたが・・・。

「グリーンマイル」という舞台が
昨日初日を迎えたようですが、これ、
トム・ハンクスの映画を舞台化した
ものだそうですね。

知りませんでした。

「グリーンマイル」って、90年代の
映画じゃなかったかなあ。

見たことありませんが、タイトルは
知っています。

しかし、記事を読んで驚きましたが、
把瑠都、まだ32歳なんですよねえ・・・。

この年齢で相撲を取っている力士は
たくさんいますよ。

でも、引退したら、戻れませんしねえ。

重ね重ね残念です。

把瑠都は、今後、マルチタレントを
目指すのかな?

総合格闘技もやりつつ、俳優業を
やって。

なにしろ、「元大関」という看板は
大きいですよ。

「元大関」だからこそ、NHKの「あさ
イチ」にも出られたと思いますしね。

相撲協会には戻れないかもしれません
が、似たような例では、同じ元大関の
小錦が「KONISHIKI」として、タレント
で頑張っています。

相撲協会も「一度協会から抜けたら、
二度と戻れない」というような硬直
した体制を変える時かもしれません。

小錦も把瑠都も、また、元横綱で
現在もプロレスラーとして現役の
曙あたりは「特例」で、「嘱託」
とかでもいいから、協会に戻して、
取り入れるべきだと思う。

もう少し、懐の深いところを見せ
ないと。

ただでさえ、角界に息子を送り出す
親御さんは心配でならないんです。

新弟子が入ってこない理由の一つ
でもあるはずですよ、この相撲協会
の硬直性は。

将来、どうなるか知れたものでは
ありませんから。

先般、21歳の元十両の幕下力士、
力真が引退を発表しましたが、
これもとどのつまりは「このまま
角界に残っていても、将来がない」
という判断でしょう。

一般社会からは見切られているん
ですよ、相撲協会なる組織は。

一応、公益財団法人とは言っても、
あくまで上に従う親方衆だけが
潤う世界ですから。

それじゃ、ダメだ。

・・・まあ、この話題は語り始めたら
キリがないので、どこか別の機会で
改めることにします。

「恨み節」ばかりになってしまい
ますので・・・。

把瑠都には今後、ますます頑張って
もらってねえ、ゆくゆくは相撲協会
への復帰を願いたいと最後に述べて
おきたいと思います。



*映画「グリーンマイル」、見たく
なりました! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グリーンマイル [ トム・ハンクス ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/10/1時点)


posted by あらやまはじめ at 21:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 把瑠都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村