2021年01月09日

【令和3年大相撲初場所・展望】休場の鶴竜は、もうこれ以上晩節を汚さないでほしい・・・コロナの影響で15人の関取が休場も、本当に残念なのは若隆景くらいなものです、開催に影響はないでしょう・・・優勝争いは?

明日から初場所の初日が始まりますが、
昨日、鶴竜の4場所連続休場が発表され
ました。

横綱になって40場所で18度目の休場。

単純計算で2場所に1度は休場している。

私は「引退発表ではないのか」と思い
ましたが、そうではありませんでした。

確か、先場所が始まる前には「来場所
進退をかける」と鶴竜は言っていました。

その初場所に出られないということは、
通常なら引退のはずですが、この横綱
には「進退」という日本語の意味が
分からなかったらしい。

そんな鶴竜でも日本国籍を取れたのです
から、すぐに引退すればいいと思うの
ですが、報道によれば、まだ親方株を
取得していないことがネックになって
いるとか。

しかし、横綱であれば引退後5年間は現役
時代の四股名のまま親方になれます。

そういうこともひょっとしたら、鶴竜は
知らないのかもしれない。

もっとも、一相撲ファンとしては、鶴竜
にはもうこれ以上晩節を汚さないでほしい。

鶴竜なる力士は、技のかけ方のタイミング
が非常にうまい、相撲勘が抜群のいわゆる
「相撲巧者」でした。

そんな相撲のうまい鶴竜の姿が見られなく
なって久しい。

このままでは「勝てなくなっても横綱に
しがみついた、諦めの悪い力士」という
レッテルを貼られかねない。

今場所全休しても、来場所出られる見込み
などあるわけもない。

悪いことは言わない。

明日にでも引退発表すべきです。

・・・今日は今場所の展望を語る場でしたね?

コロナの影響で15人の関取を含む65人の
休場が今日発表されました。

この人数だけ見ると「これで割が組めるのか」
と思われかねませんが、その15人の力士名を
見れば、正直に言って、私が本当に残念なのは
成長著しい若隆景くらいなものです。

他の力士には失礼かもしれませんが、それ
くらいの力士が休場したところで、大勢には
影響がないと思われます。

開催しても問題はない。

ただ、場所中にコロナ感染者が幕内から複数
出るようなことがあれば、これは場所の途中
打ち切りもあり得るでしょう。

特に、大関陣や三役から複数の感染者が出た
場合はね。

前頭上位の力士がことごとく「濃厚接触者」と
なるわけですから、ほぼ全員が休場となると、
残った平幕下位の力士が優勝したとしても、
それは「幕内最高優勝」の意味がなくなって
しまう。

こればかりは場所を開催した後の状況を
見てみないと分かりません。

で、場所を乗り切ったと仮定して、今場所の
優勝予想をすれば、ですが・・・。

先場所優勝した貴景勝が今場所も優勝すれば、
場所後の横綱昇進も期待されますが、果たして
どうか。

全勝優勝でもすれば間違いないでしょうが、
これが1敗、あるいは2敗となると、「勝ち方
や負け方がどうだったか」が問われるかと
思います。

まあ、序盤で勝ち切れれば、一気に行くかも
しれません。

カド番となってしまった朝乃山と正代に
ついては、特に朝乃山は内心期するものが
あるでしょう。

本来、四つ相撲の朝乃山の方が「次期横綱
候補」の筆頭でした。

それが、先場所はまさかの途中休場。

稽古がどこまでできているのかにもより
ますが、場所前の合同稽古にも出ていま
したし、先場所よりは間違いなく状態は
良いはず。

三役では、何と言っても、関脇に戻って
きた照ノ富士です。

先場所も千秋楽まで優勝争いを繰り広げ、
今場所の成績次第では大関復帰もあり
得ます。

もっとも、膝に爆弾を抱えていることに
変わりはなく、相手に長い相撲を取られ
たり、取り直しがあったりすれば、どう
しても苦しくなる。

短い相撲で圧勝し続ければ、今場所の
優勝候補の一角ではあります。

まあ、どうなるかは分かりません。

コロナの影響で休場する力士が場所中
にも出てくるかもしれませんし、場所の
途中打ち切りの可能性もゼロではあり
ませんから。

個人的には、なんとか15日間乗り切って
くれることを願っております。




*鶴竜の最後の優勝から1年半、もう潮時で
あることは相撲ファンなら誰もが分かって
いることです。↓










posted by あらやまはじめ at 21:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村