2021年02月03日

渦中の時津風親方の長男、坂本博一くんが角界入りへ・・・父親はおそらく相撲協会を解雇されるでしょうが、息子に責任はない、博一くんには腐らずに頑張ってほしい!

前回、時津風親方について少し触れては、
あれから一週間経ちますが、いまだに
相撲協会は親方への処分について結論を
出していません。

おそらく、「決定的な証拠がない」から、
処分の出しようがないんでしょうね。

既に時津風親方は退職届を相撲協会に
出していますが、協会としては「退職
届を受理すれば退職金を払わなければ
ならない」ことで、世論の反発が想定
されることから、現在はこの問題に
ついて慎重に調査しているとしか
言えないのであろうと思います。

とはいえ、外堀は結構埋められています
から、時津風親方が解雇されるのは、
時間の問題でしょう。

これねえ、先に自民党と公明党の与党の
議員が銀座のクラブで夜中に豪遊していた
ことで、奴らは議員辞職となりましたが、
本質は同じでしてね。

ようは「国民が我慢している中、お前ら、
何をやっているのか」ということです。

もっとも、時津風親方の場合、豪遊では
ないにしろ、「賭けマージャン」疑惑が
あり、下手したら警察に逮捕されても
おかしくないことをやっています。

相撲協会は間違いなく、警察にも協力を
お願いして、洗いざらい調べている最中
ですよ。

「クロ」となれば、時津風親方は逮捕
されるか、書類送検されることは間違い
のないところでして、協会は警察の調査
を待っている段階なのかもしれません。

まあ、どう転んでも、時津風親方が提出
した退職届が相撲協会に受理されることは
ないはずです。

退職金の出ない「解雇」が妥当だと判断
されるでしょう。

身から出たサビ、仕方がない。

そんな中、当事者の時津風親方の長男が
角界入りなる記事が話題となっています。

坂本博一くん。

青森は三本木農高の相撲部で主将を務めて
は、県大会優勝に貢献したそうな。

現在、175センチ、130キロですか。

身長は私と同じ、体重は現在の力士の
平均からすれば、やや痩せ型くらいと
言っていい。

3月に高校を卒業した後に時津風部屋に
入門する予定だそうですが・・・。

これはねえ、私は「他の新弟子同様に
頑張ってほしい」と思います。

父親の時津風親方がどうこう言われて
いますが、息子に責任はない。

むしろ、将来ある若者です。

父親の不祥事で、将来ある若者の道を
閉ざすことがあってはなりません。

博一くんがどう思っているのか、それは
知る由もありませんし、我々は詮索して
まで知らなくてもよいと思いますが、
重ね重ね、彼には何の罪もない。

腐らずに頑張ってほしいね。

一旦、角界に入ったら、実力の世界です
から、父親が角界にいようがいまいが、
一人で精進しなければならない世界。

まあ、相撲の限らず、どの世界でも同じ
ですが。

世間的に有名かそうでないかの違いだけ。

どんな世界でも厳しいことに変わりはない。

博一くんの場合、父親と同じ世界に行く
わけですから、風当たりも強いかもしれ
ませんが、それも運命です。

嫌なら、辞めるしかない。

つらいだろう。

でも、頑張るしかない。

事が事ですから、個人的には応援したいと
思いますね、博一くんは。



*月刊相撲最新号と、その力士名鑑を少し。↓







posted by あらやまはじめ at 22:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村