2021年01月23日

【令和3年大相撲初場所・十四日目速報!】正代は言わんこっちゃない、はたいてばかりいるから、勝てたはずの照ノ富士戦をみすみす落としてしまった・・・2敗で単独トップの大栄翔の初優勝は濃厚でしょうが、明日の対戦相手は隠岐の海、土俵際は注意しないとね

いよいよ、優勝争いが2敗の正代と
大栄翔に絞られてきました。

まずは、結び前の注目の一番、その
正代と、4敗ながら来場所の大関とりに
なんとしても二桁に勝ち星を乗せたい、
照ノ富士戦から振り返って参ります。

立ち合い、正代は差し手争いに勝って、
なんと、もろ差しになりました。

私は「これは、正代だろう」と思った。

ところが、正代は相変わらず攻めが遅い。

一気に前に出ないから、照ノ富士に左
から強引に小手に振られては、体勢を
悪くしてしまいます。

それでも、その後の攻防で正代は照ノ
富士をはたいては、後ろ向きにさせる
ことができました。

しかし、この千載一遇のチャンスにも、
正代なる大関は攻めがあまりにも遅く、
照ノ富士に振りかえらせる時間を作って
しまった。

そこで、食い付けばいいものの、食い
付くこともせず、体が離れて押し相撲に
なったところで、照ノ富士にはたき込まれ、
正代は土俵に手を付いてしまいました。

昨日の朝乃山戦といい、今日の正代に
しても「どちらが大関なのか」と疑わ
ざるを得ないような一番でした。

正代は、昨日の当ブログで私が懸念した
ことが的中してしまいました。

はたいてばかりいては、勝てるはずの
取組も勝てなくなるということです。

はっきり言って、猛省を促したい。

・・・まあ、正代ですから、猛省はしない
でしょうが。

明日は千秋楽の結びで朝乃山戦が組まれ
ますが、その前に2敗で単独トップの
大栄翔が勝ってしまえば、その取組も
「消化試合」となってしまいます。

それを考えれば、正代は何が何でも今日は
勝ちに行かなければならなかった。

序二段まで落ちて地獄を見た照ノ富士とは
「覚悟が違う」と思わざるを得ませんでした。

正代も朝乃山も大関としてはあまりにも
物足りなさすぎる。

元大関ながら、照ノ富士の方がよっぽど
「大関としての安定感」がある。

照ノ富士は明日勝てば11番で、先場所は
13番勝ちましたから、来場所は10番勝てば
再来場所の大関昇進は確実です。

そうなるでしょう。

ケガさえなければね。

さて、今日の大栄翔と玉鷲の一番はリアル
タイムでは見られませんでした。

録画でチェックしましたので、その一番に
ついても一言。

立ち合い、大栄翔は頭から当たって、同じ
押し相撲の玉鷲を押し込みました。

しかし、玉鷲もベテランです、押し込まれ
ながらも大栄翔を逆に押し込み、土俵際へ
追い込んだ。

ところが、大栄翔、相手の勢いを利用する
かのように、はたき込み。

圧勝と言えば、圧勝でした。

明日は隠岐の海戦が組まれました。

さて、大栄翔はどう相撲を取るべきか。

いつも通りでいいと思います。

頭から当たっての突き押しでね。

ただ、隠岐の海なるベテラン力士には、
先の正代戦でも存分に見せてくれた
ように、「土俵際の逆転」があります。

これ、現役力士では隠岐の海の専売特許
のようなものでして、これにさえ注意
すれば、大栄翔の初優勝は濃厚と私は
見ています。

おそらくは、立ち合いから、一方的な
押し相撲で完勝するのではないか。

もし、大栄翔が敗れるような展開が
あるとすれば、土俵際しかない。

隠岐の海は立ち合いの変化もほとんど
ありませんし、当たってから、押し
込めず、組み止められたら、土俵際で
逆転を食らうことは十分に考えられ
ます。

そうなった場合、正代と朝乃山の大関
対決が注目となりますが、これはどう
だろうねえ。

両大関とも、今場所はカド番でした。

それが、かたや優勝争いに絡み、かたや
見せ場を作ることが全くできなかった。

そういう意味では、朝乃山の方が雪辱に
燃えるものがあるんじゃないですか。

正代は既に11番勝っていますが、朝乃山
だって11番勝って、例えば、来場所優勝
するようなことがあれば、今場所の成績が
「起点」となることだってあるわけです。

どちらも負けられない。

まあ、大栄翔の初優勝が濃厚、90%以上の
確率だと私は予想します。

もし、優勝決定戦になったら?

・・・ならないでしょう。

仮になったとしても、大栄翔が勢いで勝つ
可能性の方が高い。

8割方。

・・・まあ、こればかりは当日にならないと
分かりません。

明日のそれぞれの取組を堪能しようでは
ありませんか。



*大栄翔グッズ、「前祝」ではありません
が、いくつか取り上げておきましょう! ↓












posted by あらやまはじめ at 22:15| 神奈川 ☔| Comment(0) | 正代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村