2020年09月22日

【令和2年大相撲秋場所・十日目速報!】隆の勝が左から強烈なおっつけで照ノ富士を破った一番は目を見張りました・・・正代は「足取り」の照強を立ち合いからよく見ていましたね、照強はもう足取りはできまい

昨日、お伝えしたとおり、今日は仕事で
帰宅が遅くなり、先程、娘が録画して
くれたNHKの大相撲中継の後半戦を少し
見ました。

夜も遅いので、二番だけ振り返って参り
ましょう。

私が最も刮目した一番は「隆の勝×照ノ
富士」戦です。

前頭筆頭同士。

立ち合い、隆の勝は左から強烈なおっつけ
で照ノ富士の右差しを防ぐと、そのまま
一気に前に出ました。

照ノ富士も土俵際、右から抱えに行き
ましたが、遅かったね。

隆の勝、圧巻の寄り切り。

力を付けていますよ。

勝ち越せば、来場所の新三役も見えてくる。

期待したいね。

一方の照ノ富士は、懸念されていたヒザの
状態が見るからに思わしくない。

明日以降の相撲を見てみないと断言はでき
ませんが、千秋楽まで相撲をとること自体、
厳しいんじゃないですか。

もう一番、正代が照強と対戦した取組に
ついても一言。

私は覚えていませんでしたが、前回の対戦で
照強は正代相手にも足取りを試みていたん
ですなあ。

先場所の朝乃山戦での足取りばかりに気を
とられていましたが、こうなると、照強も
立ち合いの足取りは今後、しづらくなる
でしょう。

知られてしまったからね、満天下に。

正代は立ち合い、やはり、見ていきました。

照強の動きを止めるために、正代、照強の
右手をつかんでは、何もさせずに、その
まま押し出しました。

これくらい、注意を払っていれば、足取りを
食らうこともあるまい。

ここまでの正代、一番安定感があるんじゃ
ないですか。

大関陣も含めてね。

明日からいよいよ終盤戦です。

正代の大関とり、日に日に近付いてきたと
思っているのは、私だけではないでしょう。

優勝争いと共に、正代の大関とりにも大いに
注目していきたいと思います。



*隆の勝のレアカード! ↓



posted by あらやまはじめ at 23:17| 神奈川 ☔| Comment(0) | 隆の勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村