2020年09月13日

【令和2年大相撲秋場所・初日速報】右を封じられた朝乃山は明らかに「勝ち急ぎ」、遠藤を褒めるしかないですが・・・貴景勝は見事な押し相撲で、照ノ富士を寄せ付けず、明暗が分かれました

先の七月場所からインターバルが短く
なり、早速今日から始まった大相撲
秋場所。

今場所も15日間、どうぞよろしく
お願いいたします。

まずは、両横綱の休場により、最高位
となった東大関の朝乃山の一番から
振り返って参りましょう。

対戦相手は過去負け越している遠藤。

立ち合い、遠藤は左を固めて、朝乃山
得意の右四つを封じました。

結果的には、これが大きかった。

朝乃山は左上手も取れず、遠藤の
素早い動きに全くと言っていいほど
付いていけなかった。

朝乃山は一瞬、右がのぞきましたが、
遠藤はすかさず巻き替えると、もろ
差しになり、朝乃山を土俵際に攻め
立てる。

朝乃山はここで遅かれながら左上手を
取りますが、時既に遅し。

強引な上手投げで逆に呼び込んでしまう
と、遠藤の右からの掛け投げとの合わせ
技のすくい投げでバッタリ。

・・・なんということだろうね。

これが「最高位のプレッシャー」なの
かもしれません。

明らかに「勝ち急ぎ」。

まあ、今日の相撲は遠藤を褒めるしか
ないですが。

明日からの巻き返しに期待するしか
ありません。

続いて、結び前の西大関、貴景勝と
先場所復活優勝を果たした照ノ富士の
一番についても少し。

これは、貴景勝が見事な押し相撲を
取りました。

立ち合いから、貴景勝は低く当たって、
下から突き起こすと、照ノ富士はまわし
に手がかからず、防戦一方。

解説の舞の海さんも評していたとおり、
貴景勝は「考えて」いました。

照ノ富士にまわしを取らせないためには
どうすればいいか?

それを突き詰めて考えた貴景勝の頭脳の
勝利と言っていい。

最後に3関脇の中で唯一黒星を喫した
大栄翔がベテラン玉鷲に敗れた一番に
ついて一言。

同じ押し相撲の力士ですが、玉鷲の
場合、その豊富な経験から来るうまさ
があります。

相手に押されてから、やや距離を取っての
「いなし」はまさに玉鷲の真骨頂でして、
今日の大栄翔はそのいなしにまんまと
やられてしまった。

相撲は8割方、大栄翔が勝っていたんです。

ここが相撲の難しいところでしてね。

大栄翔からすれば「相撲に勝って、勝負に
負けた」としか言いようがないですが、
これも経験です。

いい相撲は取っていたのですから、胸を
張って、明日以降、切り替えてもらいたい
ですね。

今日はこれくらいにしましょう。




*朝乃山関連グッズ、いくつか紹介して
おきます。↓










posted by あらやまはじめ at 20:33| 神奈川 ☔| Comment(0) | 朝乃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村