2020年09月02日

【令和2年大相撲秋場所・番付発表】大栄翔を関脇に昇進させたのは審判部の大英断、「関脇3人制」は久々、大いに期待したい!・・・先場所幕尻優勝の照ノ富士は一気に東前頭筆頭へ、序盤をうまく乗り切れば、連続優勝の可能性だってありますよ

一昨日、来たる秋場所の新番付が発表
されました。

多忙のため、当ブログの更新が遅れ
ました。

今日はやります!

今回、見所がいろいろとありますよ。

まず、私が刮目したのは、先場所東の
小結で11勝を挙げた大栄翔が関脇に
昇進したことです。

これは、審判部の大英断であると、
大いに評価したい。

なにしろ、先場所は東西の関脇の正代
と御嶽海が共に11勝を挙げ、大栄翔は
11勝を挙げても、小結に据え置きに
なるであろうことが確実視されたから
です。

だいたい、そんな弾力性のない番付
ばかり作っているから、上が詰まって、
下が上がってこられないわけでね。

しかし、今回、審判部は「新たな時代
の到来」を見定めたのでしょう。

「関脇3人制」、全員実力者揃いです。

仮に3人全員が二桁勝利を挙げれば、
来場所、3人全員が大関とりとなる。

そんなことはかつてなかった。

大いに期待したいですね。

また、先場所幕尻優勝を飾った照ノ
富士がなんと16枚上がって、東前頭
筆頭に。

これは、予想以上の大幅アップです。

これも、審判部のもう一つの英断
でして、この地位であれば、序盤から
照ノ富士は上位陣と対戦することに
なります。

ここで、全勝、もしくは1敗で乗り切る
ようなことがあれば、大相撲の話題が
盛り上がることはもちろん、連続優勝
の目だって出てくる。

そういう可能性に期待をかけてもいる
ということでしょう、審判部は。

こちらも楽しみです。

順番が逆になりましたが、大関陣では
先場所準優勝の朝乃山が東の正大関に
初めて就きました。

朝乃山もねえ、今場所全勝、もしくは
1敗で優勝するようなことがあれば、
場所後に横綱昇進だってあり得るわけ
です。

そのためには、序盤で対戦するであろう
照ノ富士戦は絶対に勝たなければなら
ない。

先場所に続いて負けるようなことが
あれば、それだけで印象が悪くなり
ますからね。

先日、婚約を発表した貴景勝も黙っては
いられません。

先場所カド番を脱出し、勝ち越した後、
すぐに休場したこともあり、体調は
万全のようですから、こちらも先輩
大関として、優勝争いになんとしても
絡みたいところでしょう。

横綱の白鵬と鶴竜については、あまり
語ることももはやありませんが、白鵬は
休場濃厚のようですね。

白鵬は、当ブログでも何度も指摘して
いますが、もう引退した方がよい。

優勝回数を含め、数々の記録を次々に
更新しましたが、横綱としての言動や
品格、その取り口を含め、何から何
まで後世の相撲界に悪い影響しか
残していない。

白鵬は「来年も相撲を取るために、
8月に手術をした」とか言っている
ようですが、本末転倒でしてね。

そういう状態になったら、横綱という
存在は引退しなければならないんですよ。

そもそも。

やっぱり、白鵬は日本人ではない、
モンゴル人なんです。

日本人なら阿吽の呼吸で分かることでも、
モンゴル人には「引き際の美学」なるもの
は分からないらしい。

そういうやりたい放題の横綱を放置して
いる相撲協会も同罪ですがね。

鶴竜の場合、白鵬ほど悪行はなく、むしろ
品行方正な横綱と言えますが、こちらは
成績が伴わない。

鶴竜はまだ日本国籍が取れていません。

そこがクリアされれば、すぐに本人自ら
引退を申し出るでしょう。

暗い話題は置いておいて・・・。

翔猿と豊昇龍の新入幕勢の相撲も楽しみ
です。

翔猿は先に挙げた大栄翔、あるいは、
小結に復帰した遠藤と同じ追手風部屋
の28歳。

追手風部屋は関取の数も多く、さらには
大栄翔と遠藤を見ても、いろいろな
タイプの力士がいて、下の力士が稽古で
強くなる土壌があります。

ましてや、コロナ禍で出稽古が禁止されて
いる昨今では、こういう部屋の力士は
どんどん上に上がってくるでしょう。

豊昇龍は、あの朝青龍の甥っ子ですが、
これまで何番か取組を観ましたが、叔父
のスピードを彷彿とさせる取り口には
魅力を感じます。

幕内でも下位なら、十分通用するでしょう。

ちなみに、秋場所の初日は13日ですから、
もう11日後です。

早いねえ。

コロナ禍ですから、今場所も観客は
2500人程度に抑えるようですが、
何事もなく終わることを願いたい。




*相撲雑誌の9月号、力士名鑑と共に
どうぞ! 送料無料です! ↓










posted by あらやまはじめ at 22:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大栄翔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村