2020年07月21日

【令和2年大相撲七月場所・三日目速報!】朝乃山は豊山相手に、左から抱えながら右をねじ込んで寄り切り、もうこの時点で優勝確定と言っていい・・・隠岐の海相手に押し倒された貴景勝は足が出ていない、カド番の今場所は勝ち越すのがやっとじゃないですか

今日も新大関の朝乃山の取組から
見て参りましょう。

今日の対戦相手は、先場所まで2連敗
中の豊山。

立ち合い、豊山は左からおっつけて、
右からも絞ってねえ、朝乃山に「何と
しても、右だけは差させない」という
強い意思は感じました。

ところが、今場所の朝乃山は構わず
前に出ます。

今日は左から抱えながらね。

取組後、豊山が「あそこで足が滑った」
と語っていましたが、そこですかさず
朝乃山は右をねじ込んだ。

こうなれば、朝乃山です。

今日は左上手を取らずに、最後は右四つで
圧巻の寄り切り。

はっきり言いましょう。

もうこの時点で朝乃山の優勝は確定だと。

まだ三日目?

いや、この三日間の朝乃山の相撲は既に
大関相撲どころか、横綱相撲です。

危なげがない。

しかも、圧力をかけて、常に前に出ている。

これまでの朝乃山と比べても、今場所の
朝乃山はもはや別格の存在ですよ。

白鵬も全勝?

持ちませんよ、今場所は。

というか、序盤から飛ばしすぎです。

しかも、余計な言動が多すぎる。

昨日は左からの上手投げで、なぜか、
関係ない右手を縦に上げては「どうだ、
オレはカッコいいだろう」とでも言い
たげな所作をした。

あれはねえ、白鵬も「こうでもしないと、
取り上げてもらえないかもしれない」と
いう焦りの表れです。

ましてや、今日は遠藤相手に勝った後、
勢い余ったことは分かるとして、なぜか、
西の花道の奥、遠藤の付け人がいる所
まで走った。

余計なことをするなよ。

仮にも、まだ横綱なんですよ、白鵬は。

遠藤の付け人に文句でもあるのか?

恫喝か?

序盤から不必要なことを「これでもか」と
する白鵬は終盤まで持たないでしょう。

というか、白鵬と対戦する各力士がねえ、
もう忖度しちゃダメだ。

勝てないなら、なぜ、立ち合いで変化を
しないのか?

変化をしたら、白鵬に後で巡業や出稽古で
ボコボコにされるからか?

大丈夫、コロナ禍で巡業も出稽古もでき
ませんから。

今が最大のチャンスなんですよ。

なぜ、白鵬相手に全力士は忖度するのか?

これこそ、「明るみに出ない、事実上の
八百長」と断言していい。

過去の実績を楯にして、「後でどうなるか
分からないからな」とでもいった無言の
恫喝を全力士に明に暗に行っている。

引退間際の千代の富士の八百長よりもひどい。

・・・まあ、これ以上は言いませんが。

いろいろな勢力がいますからね、世の中には。

角界にもね。

最後に、貴景勝が隠岐の海にまさかの敗戦を
喫した一番についても一言。

立ち合いは良かったですよ、貴景勝は。

ですが、初日からそうですが、ケガの
影響やブランクもあるのでしょう、
いわゆる「二の矢、三の矢」が全く出て
こない。

立ち合いでの突き押しだけ。

これでは、安泰と見られた対戦相手の
隠岐の海にだって、付け入る隙は出て
きますよ。

実際、突き押しの直後、足が揃った
貴景勝に対し、隠岐の海にしては珍しい
右からの張り手、これが効きました。

貴景勝、ここで「腰が入って」しまった。

こうなると、何もできない。

隠岐の海の押しに、何もできずに、
押し倒されては、背中にべっとりと
砂を付けてしまった。

大関としては屈辱とも言える一番でした。

すべてにおいて完璧な朝乃山に対し、
今場所の貴景勝はいかにも心もとない。

カド番の今場所は勝ち越すのがやっと
じゃないですか。

これねえ、貴景勝としても、「ケガを
しないように、8番勝つ」ことだけを
今は目指しているように見えます。

もう、仕方がない。

その8番さえ、どうなるかというのが、
今日の相撲を見て、正直なところでは
ありますが、ここまで来たら、「気合」
しかないですよ。

言い換えれば、「気力」かな。

あまり多用したくない言葉ではあり
ますが、ここまで来ると「精神力」、
これしかない。

「頑張れ」とも言いにくい。

本人は頑張っているわけですから。

こういう時の大関は孤独ですが、
「何とか乗り切ってくれ」と願う
しかないですね。




*「朝乃山グッズ」、見たことがない
ものもいろいろ出てきました。↓










posted by あらやまはじめ at 20:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 朝乃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村