2020年03月25日

【令和2年大相撲春場所・総括】朝乃山の大関昇進は、若手力士にますます勇気を与えることになります!・・・豊山や阿武咲はもちろん、琴ノ若や琴勝峰といった若手が来年の今頃は三役で活躍するんじゃないですか

春場所の総括です。

まず、昨日の一夜明け会見で白鵬が
述べた一言について、振り返って
参りましょう。

「朝乃山は私の後継者となる存在
なのかもしれない」

朝乃山はきっと嬉しいでしょうが、
朝乃山が生まれる前から相撲を見て
きた身としては、聞き捨てならない。

朝乃山よ、「白鵬を見習ったら終わり」
だと私は忠告しておきたい。

朝乃山には他に見習うべき先人は
いくらでもいる。

私も名前しか知らないですが、富山の
大先輩の大横綱、太刀山とかね。

太刀山は56連勝の後、1敗して、その
後43連勝した。

その1敗がなければ、100連勝ですよ。

双葉山の69連勝を超えていたかも
しれないくらいの大横綱です。

ちなみに、あの当時は年6場所では
なく、年2場所でした。

しかも、一場所12番くらいでした
から、双葉山は3年くらいは負け
知らずだったということです。

太刀山も100連勝していれば、
4年は無敗だった。

白鵬の63連勝もそれはそれで立派
でしたが、相撲の歴史は長い。

朝乃山には白鵬ではなく、地元の
英雄、太刀山を目指してほしい。

なにより、朝乃山に期待することは、
白鵬のような「立ち合いのビンタと
エルボー」をしないことです。

相撲を見苦しくしている最大の要素を
「最強横綱」と呼ばれる白鵬がしれっ
と未だに、何の悪気もなく行っている
こと自体が角界の危機だということを
相撲協会は誰も分かっていない。

朝乃山は今のところ、立ち合いに
「ビンタとエルボー」はおろか、
変化も私は一度も見たことがない。

そのまま、引退するまでそうあって
ほしい。

横綱の価値は、必ずしも優勝回数で
決まるものではないと私は思って
います。

白鵬が44回優勝したところで、私は
全く評価しません。

立ち合いのビンタにエルボーはおろか、
目つぶしや「エアビンタ」、さらには、
立ち合いをずらして早く立つ「反則
まがい」の所作に限らない。

我が身で行司にクレームを入れては、
「オレが勝っただろう」とアピール
する、その身勝手さ。

他の力士には「犬みたいに吠えるな」
と言いながら、無観客の今場所、最後
の仕切りでもっとも吠えていたのは
白鵬自身でした。

最後の仕切りでも汗を拭かず、押し
相撲の碧山が手を滑らせ、勝ちを
拾ったのは誰なのか。

44回のうち、半分は「はったり」で
勝ったものであり、私は白鵬の優勝は
多く見積もって22回だと思っています。

貴乃花の22回と同等。

どう考えても。

というか、それだって貴乃花に失礼
ですし、優勝24回の北の湖と比べ
たって、私に言わせれば、どう見ても
北の湖の方が強かった。

北の湖にしろ、貴乃花にしろ、「ビンタ
とエルボー」は見たことがないし、そも
そも「はったり」で勝つような横綱では
決してなかった。

白鵬は「相撲をプロレスまがいにした
男」として後世に名が残るかもしれ
ませんが、「名横綱」としては残らない。

横綱とはただ強いだけの力士ではない
んですよ。

別に人種差別をするわけではないですが、
日本人ではない白鵬にはいまだにそれが
分かっていない。

それは、教育を怠った宮城野親方の責任
でもありますが、白鵬自身の勉強不足と
いう点も無きにしも非ずでしてね。

・・・気分が悪くなりますので、朝乃山の
大関昇進の「今後の影響」について、
触れておきましょう。

これは、絶大です!

なにより、他の若手力士への波及効果が
デカい。

勇気を与える。

今場所で言えば、東前頭3枚目で勝ち越した
豊山であり、西5枚目で9勝を挙げた阿武咲。

今場所、私が唸った若手力士ですが、他にも
たくさんいる。

新入幕で9勝を挙げた琴ノ若に、十両で
優勝した琴勝峰とかね。

これらの若者が来年の今頃は三役で活躍
するんじゃないですか。

もうねえ、私の目は来年の今頃に向いて
います。

ロートルの両横綱はもういないでしょう。

引退して。

となると、その頃までに朝乃山が駆け足で
横綱に駆け上がる可能性は大です。

貴景勝もケガを治せば、横綱昇進はあり
得ない話ではないですが、やはり、押し
相撲だけでは厳しい。

「朝乃山時代」の到来はまもないと私は
睨んでいます。

ここに来て成長著しい正代も期待です。

今場所は関脇で初めて勝ち越しました。

なにより、押されても後ろに下がらなく
なった馬力、これは来場所以降にも期待
が持てる証左です。

夜も遅くなってきましたので、今回は
このくらいにしておきましょう。



*太刀山の手形、一級品です! ↓







posted by あらやまはじめ at 00:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | 朝乃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村