2020年03月08日

【令和2年大相撲春場所・初日速報】「異例場所」の主役は弓取りの将豊竜でしたよ、はっきり言って・・・取組中はいつもとそう変わりませんでしたが、仕切りの際の「空気感」がいかに大事か、無観客で思い知らされましたね

今日から春場所が始まりました。

それでは、今日の取組を振り返って
参りましょう・・・と言いたいところ
ですが、正直言って、今日は取組
どころではありませんでしたね。

それは、多くの相撲ファンにとって
そうだったのではないかと思われます。

なにしろ、長い大相撲の歴史でも、
無観客で本場所を開催するのは
初めてのことですから。

その様子から振り返って参ることに
しましょう。

やっぱりねえ、何から何まで異様
でした。

取組が始まってしまえば、いつもと
そう変わりませんでした。

個人的には。

ただ、大相撲では取組前の仕切りの
段階での観客の歓声なり嬌声なり、
その「空気感」がいかに大事か、
今回の無観客で思い知らされました。

例えば、炎鵬。

解説の北の富士さんが、炎鵬が土俵に
上がった時、「いつもなら、ここで
歓声が沸くんだけどね」としみじみ
語っていましたが、まさにそこなん
ですよ。

その「空気感」。

「いつもならこうであるはずなのに」
という、当たり前の日常が今回の
無観客の土俵からは消えてしまった。

ちなみに北の富士さん、今日は発する
言葉自体が少なかった。

私は17時ちょっと過ぎからNHKの
大相撲中継を見始めましたが、
「あれ、今日の解説は舞の海さん
だけなのか」とさえ、最初は思った。

明らかに落胆していましたよねえ、
北の富士さんは。

その落胆ぶりこそ、「相撲ファンを
代弁してくれた」とも言えますが、
一方で、いつものように向上面から
声を張って解説を務めた舞の海さんは
「プロだな」とも思いました。

どちらがいい悪いではないんですよ。

それぞれの「いい味」が出たんじゃ
ないですか。

そろそろ、取組を振り返って参り
ましょうか。

まずは、先場所初優勝した徳勝龍と、
あと一歩で優勝を逃した正代の一番
から。

立ち合い、徳勝龍は左を差しました
が、右上手に手がかからなかった。

一方の正代は左差しから、右を
おっつけながら前に出ました。

徳勝龍は先場所の初優勝の要因の
一つともなった突き落としを狙い
に行きましたが、さすがに正代は
二度目は食わなかった。

回り込んで、右から突き落としを
狙う徳勝龍をそのまま押し出し
ました。

徳勝龍は呼び込む形になってしまい
ましたね。

まあ、正代にとっては先場所の
リベンジとなり、久々の関脇の
地位で幸先の良いスタートとなり
ました。

徳勝龍にとっては、初の上位戦で
「負けてもともと」です。

伸び伸び相撲を取りましょうよ。

今場所はね。

場所後の大関昇進を狙う朝乃山に
ついても一言。

今日の対戦相手は隠岐の海でしたが、
土俵際の突き落としがある隠岐の海
に対して、慎重に相撲を取りました。

立ち合い、今日はすぐに左上手を
取りましたが、こういう相撲を続けて
いけば、大関の地位は向こうから
やってくると思いました。

貴景勝と鶴竜が順当に勝ち、結びの
白鵬と遠藤の一番についても少し。

立ち合い、白鵬は右から「ビンタ」を
かましました。

左側頭部をぶん殴られた遠藤はその
瞬間、体勢を崩し、土俵に這うことに。

改めて言いますが、こんなの相撲では
ありません。

白鵬はいつまで相撲を取り続ける
つもりなのか?

というか、相撲協会はいつまで白鵬の
「ビンタ」を容認し続けるのか。

無観客であれば、なんぼ「ビンタ」や
「エルボー」をやっても、観客からの
ブーイングはない。

そういう意味では、今場所は白鵬の
全勝優勝が濃厚なんじゃないですか。

であれば、協会員に一人でも新型
コロナウィルスに罹患する者が出て、
打ちきりになった方がいいかもしれ
ないとさえ、今日の結びの一番を
見て思った次第です。

あまり、不吉なことは考えたくない
ですが。

最後に「今日の主役」について一言。

結びの一番の後に登場した、弓取りの
将豊竜(しょうほうりゅう)です。

弓取式自体、NHKの大相撲中継では、
放送時間に余裕のある時にしか放送
されませんが、今日はたっぷり時間も
ありましたので、放送されました。

私が感動したのは、将豊竜が弓を
左右に振って交差させた時に聞こ
えた「音」です。

風を切る音、とでも言いましょうか。

あれは、無観客でなければ聞こえない、
視聴者からすれば「特権」でしたね。

無観客で悪いことばかりではあり
ません。

むしろ、マナーの悪い客も近年は
増えている。

個人的には今日の初日、「無観客で
とりあえず正解だったのではないか」
と思いましたよ。



*相撲雑誌の最新号、Amazonでどうぞ! ↓










posted by あらやまはじめ at 21:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | 将豊竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村