2020年03月07日

【令和2年大相撲春場所・展望】無観客に、途中で打ち切りの可能性もある異例だらけの場所を制するのは?・・・朝乃山の大関昇進の基準は、途中で打ち切られた場合、どうなるのか?

そうか、もう明日から大相撲春場所が
始まるんですね?

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ
ため、プロスポーツ界では、プロ野球の
オープン戦が無観客、Jリーグは3月15日
まで中止、プロゴルフも開幕戦と第2戦が
中止となりました。

また、アマスポーツ界ではセンバツ高校
野球以外の大会が軒並み中止。

そのセンバツも無観客の可能性が高い
ですが、中止の可能性も否めない。

そういった諸々の状況を考えれば、
まずは「本場所の土俵で相撲が取れる」
ということだけでも、全力士はその
状況に感謝しないとね。

もっとも、相撲協会は「37.5度以上の
高熱が二日続いた場合は即休場、協会員
に一人でも感染者が出た場合は打ち切り」
の方針を昨日、理事会で決定しました。

つまり、例えば十日目に感染者が出たら、
そこで場所は終了。

その場合の優勝や三賞の扱いをどうする
のかに関しては、「未定」とも。

翌場所の番付についても「審判部が柔軟に
対応する」となっています。

まあねえ、これは相撲協会も頭が痛い
ところだと思いますよ。

こんな短期間に何から何まで全部決め
られるはずはないわけでしてね。

とにもかくにも、力士はもちろん協会員に
感染者が出ないことを願うばかりですよ。

今場所最大の焦点は朝乃山の大関とりと
断言していいと思いますが、その基準に
関しても、途中で打ち切られた場合は
審判部も「柔軟に対応する」のでしょう。

十日目で打ち切られたとして、その時、
8勝2敗だったら、どうなるんだろうねえ。

「仮に千秋楽まで取ったと仮定して、
このペースなら12勝3敗だから、大関
昇進」となるのだろうか?

五日目で打ち切られたら?

「4勝1敗なら、12勝3敗ペースだから
大関昇進」となるのだろうか?

・・・もう、考えていたら、キリがない。

異例だらけの春場所ですが、それでは
誰が制するのか。

・・・これも、私は毎日スポーツ紙で相撲の
情報をチェックしていますが、何しろ、
スポーツ紙の記者も相撲部屋へ入ること
ができないわけでして、ほとんど情報が
入ってきません。

ですので、予想のしようがありません。

五日目で打ち切られたとして、その時、
先場所のように平幕下位の力士だけが
全勝だった場合は、その力士が優勝に
なるのかな?

複数いた場合は、「全勝力士は特例で
全員優勝」とかになるのかな?

まあ、そうなった場合、それはそれで
興味深いところではありますが。

ちなみに、先場所初優勝した徳勝龍と
最後まで優勝争いをした正代が初日に
対戦が組まれましたが、審判部は実に
いい割りを組みましたね。

「先場所の盛り上がりはまだ続いている」、
あるいは、「その盛り上がりを今場所にも
つなげてほしい」とでもいった願望が伺え
ます。

休場明けの白鵬が、先場所敗れた遠藤と
初日に対戦するのも面白い。

横綱と小結が初日に対戦するのは慣例
ですから、審判部の思惑はないにしても、
内心「良かった」と思っているんじゃ
ないですか。

朝乃山は隠岐の海と対戦します。

まずは、やりやすい相手だと思いますが、
無観客でもあります、いつもと違う環境で
どのような相撲を取るのか、取れるのか。

こちらも注視していきたいと思います。

今場所も、取組終了後、なるべく早めに
当ブログでは【速報】を出していく予定
です。

ご期待下さい!




*新型コロナウィルス対策にどうぞ。↓











posted by あらやまはじめ at 13:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | 朝乃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村