2020年01月30日

【相撲協会理事選速報】問題山積なのに、12年ぶりの無風選挙はおかしくないか?・・・貴乃花親方を追放して、やりたい放題の相撲協会、これじゃあ、白鵬の問題にも目をつむるというわけだ

出先ですので、手短かに参ります。

つい先程、2年に一度の相撲協会の
理事選が行われました。

定員10人のところ、11人が出馬
予定でしたが、現理事の元幕内
巌雄の山響親方が辞退したことで
12年ぶりの無風選挙となりました。

もう、12年前なんですなあ、
いわゆる「貴の乱」が起きたのは。

あれ以来、「貴乃花一門」もできた
のですが、理事の阿武松親方が退職
したことにより、事実上消滅して
しまった。

あの興奮はいったい何だったのか?

魑魅魍魎の巨大な相撲協会に
「改革」をもたらそうと必死の
抵抗を続けた貴乃花親方も追放
されてしまい、相撲協会はもはや
やりたい放題です。

その一環が「白鵬の問題に目を
つむり続けている」ということ
じゃないですか。

膿を出さずに臭いものには蓋を
して済ませようとする相撲協会が
戻ってきてしまった。

問題山積なのに、公益財団法人
資格の取消も行われず、のほほん
としているその結果が今回の
無風選挙でしょう。

おかしくないか?




*興味深い一冊です。 ↓



posted by あらやまはじめ at 13:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村