2020年01月24日

【横綱大関】豪栄道が大関から陥落することにより、来場所は貴景勝がただ一人の大関となりますが・・・横綱が「横綱大関」になる?

昨日、カド番の豪栄道が負け越し、33場所
守った大関から陥落することが決まりました。

来場所は貴景勝がただ一人の大関となり
ますが、今日、ネットニュースをチェック
していたら、横綱が「横綱大関」になる
可能性が出てきたと書いてありました。

(*参考記事。↓)

・豪栄道、歴代10位33場所で大関陥落 来場所は38年ぶり“一人大関”で「横綱大関」の可能性

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00010024-abema-fight


はて?

横綱大関?

これ、調べてみましたよ。

そしたら、「横綱大関」という単語が
Wikipediaに掲載されていました。

引用すれば、「横綱大関」とは・・・

・大相撲で番付において大関空位(不在)、
あるいは一人大関の時に、横綱が番付上
大関の地位も兼任する形で表記される
場合の呼び方。

・・・とのこと。

(*「横綱大関」のWikipediaも参考までに。↓)

・wikipedia/横綱大関

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%B6%B1%E5%A4%A7%E9%96%A2


知っていました?

私は知らなかった。

初耳ですよ、「横綱大関」なる単語は。

それもそのはず、「横綱大関」は1982年
初場所の北の湖が最後とのこと。

その場所では琴風が一人大関だったため、
横綱の北の湖が大関を兼任する形で番付に
表記されたそうです。

今から38年前。

私が11歳の時。

もちろん、その頃、私は相撲を既に見て
いましたし、琴風が一人大関になった
こともおぼろげながらに覚えていますが、
「横綱大関」なる単語の記憶はありません。

実際、土俵に上がった際には「横綱大関」
とは呼ばれないそうですから、そこまで
大きな話題にもならなかったような・・・。

1982年は昭和57年ですから、平成の時代
には一人も「横綱大関」はいなかった
ことになります。

令和の時代になって、いきなり「横綱大関」
が誕生するとはねえ・・・。

まあ、それだけ現在の角界が「群雄割拠」
状態ということです。

来場所の番付上の表記を見るのが今から
楽しみです。

こういうことはなかなかないですから。

勉強になりました。




*「横綱と大関」について、興味深い一冊、
見つけました! ↓







posted by あらやまはじめ at 12:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | 豪栄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村