2020年01月23日

【令和2年大相撲初場所・十二日目速報!】徳勝龍の土俵際での突き落としは神がかり、最初で最後であろう優勝争いをなんとか制してほしいね、ここまで来たら・・・豪栄道、5年以上続けてきた大関の地位を失ったわけですが・・・

もうやだ、夜も遅いので一言ずつ。

まずは1敗を守った徳勝龍と正代に
ついて一言。

神がかってきましたね、徳勝龍は。

今日も2敗の輝と対戦し、土俵際まで
攻め立てられたわけですが、そこで
左から突き落とすとこれが見事に
決まる。

最初で最後であろう優勝争いを
なんとか制してほしいね。

ここまで来たら。

年齢的にもこのチャンスを逃したら、
優勝することはまずないでしょうから。

また、正代もねえ、阿炎にもろ手突き
から突き起こされ、厳しい相撲を強い
られたわけですが、結果的には勝った。

正代は徳勝龍と比べれば、そこそこ
実績はありますから、神がかっている
とは言うまい。

この二人で千秋楽、1敗同士で本割で
決着を付けてほしいですね。

また、豪栄道が朝乃山に敗れ、5年
以上務めた大関から陥落が決定した
一番について一言。

負けるべくして負けました。

というか、朝乃山に得意の右を差され、
左上手も取られたら、今の豪栄道に
跳ね返す力はないですよ。

来場所関脇に落ちることが決まった
豪栄道。

二桁勝てば大関に復帰となりますが、
今の豪栄道に二桁勝つ力はゼロです。

平幕に落ちても相撲を取り続けるのか、
引退するのか、選択を迫られます。

個人的には、ここいらが潮時かとは
思いますが。

今日はこの辺にします。

明日は少し早めに短めにお届けする
予定です。



*豪栄道の著書です。↓



posted by あらやまはじめ at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 徳勝龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村