2020年01月16日

【令和2年大相撲初場所・五日目速報!】遠藤、左からおっつけては朝乃山の右を殺し、もろ差しになっての速攻相撲は初優勝を期待させます!・・・取り直しの末、隠岐の海に敗れた豪栄道、明日から休場濃厚でしょう

今日も帰宅時にスマホのAbemaTVで
チェックしては、帰宅後、娘が録画
したNHKの大相撲中継を堪能しました。

今日はやっぱり、遠藤と朝乃山の一番
ですね。

立ち合い、右を差しに来る朝乃山に
対し、遠藤は左からおっつけては
右を「殺し」ました。

朝乃山、なんとか右を差そう、左上手
を取ろうとするも、遠藤は朝乃山が
モタモタしている間に二本差して、
もろ差しになりました。

そして、ここからの遠藤の相撲は
速かった。

朝乃山も一瞬、上手を取りましたが、
反撃させる前に一気に前に出て、
寄り倒しました。

まあねえ、ホレボレするような相撲
でしたよ。

遠藤の。

無口な遠藤が土俵上の相撲で「朝乃山よ、
お前が大関になるにはまだまだ早い」と
でもいった叱咤激励をしているようにも
見えました。

今場所序盤の遠藤の相撲は見事です。

昨日の貴景勝戦だって、敗れはしたものの、
「相撲は勝って」いた。

遠藤に対する思い入れは、私は結構深い
ものがあります。

かつて、遠藤が成長著しい頃、膝をケガ
した際には「手術すべき」と熱弁した
ものです。

しかし、遠藤は手術をせず、結果、十両
まで落ちることとなりました。

そこから、一歩一歩、時間をかけて、
膝の具合と相談しながらここまで来た
というのが実情でしょう。

これねえ、同じ境遇の照ノ富士と比較
すると分かりやすい。

照ノ富士の場合、遠藤とは異なり、
何度も膝を手術しました。

手術した直後は一時的に照ノ富士は
成績が良くなり、一時は横綱も近いと
言われました。

しかし、その後、照ノ富士は膝のケガも
去ることながら、内臓系の病気も患い、
結果的に序二段にまで落ちてしまった。

今場所は十両に復帰し、今日まで5連勝
と完全復活をした感がありますが、
「膝の手術」という観点から考えると、
今思えば、遠藤は遠回りをしたものの、
照ノ富士よりもいい状態になっている
ことを考えれば、遠藤の「手術をしない」
という選択は正解だったのだろうと思い
ます。

当時、遠藤に「なぜ膝の手術をしない?」
と当ブログでも私は再三指摘したもの
ですが、これは遠藤に謝らなければなり
ません。

「遠藤関、申し訳なかった」と。

もっとも、あの頃から遠藤は黙して
語らなくなってきましたから、もう
何を言われても泰然自若の境地なの
でしょうがね。

それはそれで素晴らしい。

男から見ても、魅力的な男ですよ、
遠藤という力士はね。

贖罪意識から言うわけではありませんが、
遠藤には、千載一遇のチャンスです、
初優勝を期待したいし、狙ってほしい。

切に願います。

取り直しの末、隠岐の海に敗れた豪栄道
の相撲についても一言。

最初の一番、豪栄道は先に土俵外に手を
ついていました。

隠岐の海の体(たい)が飛んでいたのも
事実で取り直しとなりましたが、驚いた
のは、豪栄道、取り直しの一番の前に
既に肩で息をしていたというところです。

隠岐の海は涼しい顔をしていましたよ。

ここに、豪栄道の「ケガで稽古が十分に
できなかった」ことを悟りました。

案の定、取り直しの一番は、隠岐の海に
あっさりと敗れました。

カド番の豪栄道、これで1勝4敗。

明日から休場濃厚でしょう。

これから7勝3敗する力があるとはどう
考えてもあり得ない。

下手したら、引退もあり得ます。

来場所関脇に陥落して、二桁勝てる
力はどう見てもありませんから。

最後に、高安が大栄翔に敗れた一番に
ついて一言。

押し込んだにも関わらず、大栄翔に
かわされ敗れた高安に、もはや大関の
力はない。

今日で2勝3敗。

これから8勝2敗の成績を挙げる力は
ないでしょう。

なんだろうねえ。

高安の場合、兄弟子の稀勢の里のような
型がないんですよ、残念ながら。

押し相撲をしたいのか、四つ相撲を
したいのか、いまだに分からない。

立ち合いの体当たりは分かりますが、
その後の攻めに一貫性がない。

「型がない」という時点で既に今の
貴景勝や朝乃山に後塵を拝している
ことは否めず、これ以上の成長は
もはや望めないでしょう。

残念ですが。

おかしいよね。

高安の体当たり、かつては「一世を
風靡」した感があるのですが、結局、
それが「型にならなかった」という
のが悲運の始まりでした。

今日はこのくらいにしておきましょう。



*先人の教え、今こそ、知っておくべき
ですよ。↓






posted by あらやまはじめ at 22:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村