2019年11月22日

【令和元年大相撲九州場所・十二日目結果】いい加減にしてほしい、白鵬の「張り差しとエルボー」、もはや反則技でしか優勝できないのか・・・貴景勝戦での竜電の注文相撲で今場所はもう終わり、さようなら

更新が遅れました。

昨日の取組から二番に絞って、振り返り
たいと思います。

まずは、結びの白鵬と遠藤の一番から。

もう、見ていられなかった。

相撲じゃないですよ。

白鵬の立ち合いの「張り差しとエルボー」は。

遠藤は顔から血を流していたじゃないですか。

相撲はプロレスじゃないんだ。

もはや、白鵬の「張り差しとエルボー」は
反則技と断言していい。

相撲協会はすぐにでも「張り差しとエルボー
禁止令」を出すべきです。

でないと、期待の若手がこれからもどんどん
潰されることになりますよ。

本当に、いい加減にしてほしい。

もう一番、結び前の貴景勝と竜電の取組に
ついても一言。

竜電にはガッカリだね。

立ち合い、左に変化しての注文相撲。

こんな相撲を取っていたら、強くなれませんよ。

負け越さないために、目先の勝利がほしい
気持ちは分からなくもないですが、この
注文相撲で貴景勝は致命的な4敗目。

優勝争いが全くつまらなくなってしまった。

2敗の朝乃山も御嶽海に負けたんでしょう?

もう、終わったね、今場所は。

見る気がだんだんなくなってきた。

さようなら。




*この人が理事長だったら・・・。↓



posted by あらやまはじめ at 11:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村