2019年11月20日

【令和元年大相撲九州場所・十日目結果】朝乃山、好調の明生を王道の四つ相撲で寄り切り、2敗をキープ!・・・白鵬が碧山相手に「張り差しとエルボー」をやらなかった理由は?

昨日は記事を更新できず、失礼
いたしました。

また、今日も出先ですので、
手短かに参ります。

二番だけ簡単に振り返り
ましょう。

2敗の朝乃山が好調の明生に
勝った一番。

これは朝乃山が立ち合い、すぐに
左上手を取り、右を差しては
間髪入れずに明生を寄り切り
ました。

「お見事!」と思わず唸って
しましましたよ。

王道の四つ相撲。

あれが取れるのは、現在の角界
ではもはや朝乃山しかいないと
言ってもいい。

このままなんとか2敗をキープ
し続けて、優勝争いを最後まで
盛り上げてほしいものです。

1敗の白鵬が碧山を破った一番に
ついても一言。

白鵬は連日、立ち合いで「張り差し
とエルボー」の反則スレスレの
相撲でなんとか単独トップをキープ
していますが、碧山に対しては
立ち合い、胸から当たって四つに
組みました。

その理由は?

碧山だからです。

碧山レベルであれば、白鵬は
批判の対象となる「張り差し
とエルボー」をやらなくても
勝てる。

逆に、勢いのある若手相手だと
胸から当たってはもはや通用
しない。

本人も分かっているんですよ。

後は、相撲協会と横審が口酸っ
ぱく、「白鵬の立ち合いは
見苦しい、横綱のやるべき
立ち合いではない」と言い続ける
こと、これしかない。

なぜ、やらないのか。

理解に苦しみますが、様々な
思惑があるのでしょう。

角界は魑魅魍魎の世界です。

・・・今日から終盤戦、当ブログ
でもなるべく当日中に記事を
書けるようにしたいと思います。

ご期待下さい!



*地元の新聞社が作ってくれました、
有難いね。↓



posted by あらやまはじめ at 11:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | 朝乃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村