2019年09月23日

【令和元年大相撲秋場所・総括】大関復帰を果たした貴景勝、また御嶽海戦で今度は大胸筋を痛めるとは、稀勢の里と同じパターンじゃないか・・・阿武松親方の退職は相撲協会による「貴乃花一派掃討」の一環だと思っているのは私だけでしょうか

秋場所の総括をしようと思っていたら、
今朝になって、大きなニュースが二本、
入ってきました。

秋場所以降の角界にも影響があると
思われますので、まず、貴景勝の
ケガのニュースから少し見て参り
ましょう。

昨日の優勝決定戦で、御嶽海の体当たり
を受けた際に痛めたと思われますが、
左の大胸筋ですよ。

稀勢の里と同じパターンじゃないか。

・・・これは、ものすごく嫌な予感がします。

今回の貴景勝のケガがどの程度か、まだ
分かりませんが、少なくとも、来場所は
全休した方がいい。

稀勢の里の場合、新横綱になったばかり
だった責任感もあり、その後、だまし
だまし出場しては、途中休場を繰り返し、
結果、引退を早めてしまったことは
周知の事実です。

貴景勝の場合、まだ大関ですし、年齢も
若い。

無理する必要など毛頭ない。

2場所全休でまた関脇に陥落してもいい。

また、上がるだけの力はあることを
今場所証明したのですから。

今場所は、最後こそ、御嶽海に優勝を
持っていかれましたが、9割方、主役は
貴景勝でしたよ。

またも、御嶽海戦でケガというのは、
「なんたる因縁」と思いますが、
巡り合わせとしか言いようがあり
ません。

腐っちゃいけない。

御嶽海と違って、貴景勝の場合、立ち合い
の変化もないし、その愚直な取り口は、
元師匠の貴乃花親方の現役時代を彷彿と
させるものがあります。

その貴乃花親方に関連すると思われる
のが、昨日になって唐突に発表された
阿武松親方の突然の退職です。

現役の理事が定年以外で退職という
のは極めて異例の事態です。

阿武松親方は「病気による体調不良」で
先場所から勝負審判を全休していました
が、これが先々場所の「栃ノ心×朝乃山」
戦の「疑惑の判定」並びに、その後の
阿武松親方のお粗末な「説明になって
いない説明」にあったことは、これも
相撲ファンにとっては周知の事実です。

ただでさえ、貴乃花親方が退職して、
「孤立状態」であったであろう阿武松
親方が窮地に立たされ、居場所をなくし
かねない立場に追い込まれていたことは
容易に想像できます。

「もう、いいや」と、半ば、投げやりに
なったのではないか。

今後の阿武松親方の動向が気になり
ますが、元貴乃花親方とタッグを組む
ようなことがあるんじゃないですか。

というか、既に水面下ではそういう
話が進んでいるのかもしれない。

それはそれで、ちょっと今後の注目
ではありますがね。

・・・二つのニュースの話題が長くなり
ました。

今場所の総括を簡単に。

先程も申しあげたとおり「9割方、
貴景勝場所」だったことはさておき、
横綱大関陣から一言。

豪栄道が千秋楽で二桁勝利を挙げ、
なんとか、かろうじて面目は保ち
ましたが、今場所全休の高安以外は
皆30代です。

いや、高安も29歳ですから同類かも
しれない。

「先は長くない」ということですよ。

来年、横綱大関陣の「引退ラッシュ」
が始まります。

たぶんね。

関脇の御嶽海は最後の最後に主役の座
をかっさらっていきました。

もう、御嶽海は来場所、13勝くらい
挙げて、大関に上がらないと、永久に
上がれなさそうな気がします。

26歳の御嶽海は、もう「若手」じゃない
ですよ。

23歳の貴景勝はもちろん、25歳の朝乃山、
あるいは、同じく25歳の大栄翔、24歳の
友風といった若手が下から次々に突き上げ
てきているわけですから。

三役では小結の阿炎と遠藤が共に勝ち越し
ましたが、光ったのは遠藤の方でしたね。

特に前半戦は。

「すわ、優勝も」と思わせました。

遠藤の場合、膝の状態とにらめっこしな
がらの土俵がずっと前から続いています。

後半に負けが込んだのは、膝の状態と
無関係ではないでしょう。

でもねえ、無理せずに、ケガをしない
ことを最優先して、それでも三役で
勝ち越すところまで戻してきたところ
は大いに評価すべきです。

技能賞の一つでも上げるべきでしたよ。

東の筆頭の北勝富士は、私の最近の
贔屓力士の一人ですが、1勝6敗から
8連勝で締めたあたりに非凡さを感じ
ます。

格下に取りこぼさないところが
素晴らしい。

来場所は小結ですよ。

先般、当ブログでも指摘したとおり、
来場所、関脇は栃ノ心を張出にして、
阿炎を新関脇に上げ、関脇は3人に
するべきです。

東小結は遠藤、西小結に北勝富士、
なんなら、張出小結に西2枚目で
二桁を挙げた朝乃山を新三役に
するくらいでないと、誰も来場所、
注目しませんよ。

世間の耳目を引くことも考えないと、
審判部は。

34歳の隠岐の海の大健闘も今場所を
盛り上げた一つの大きな要因です。

こういうベテランに「一度でも賜杯を
抱かせてあげたい」と思うのは、
長年の相撲ファンであれば、誰もが
思うことです。

残念ながら初優勝は逃しましたが、
千秋楽まで優勝争いに加わったことは
絶賛すべきでしょう。

最後に、新入幕で10勝を挙げ、敢闘賞を
受賞した剣翔についても一言。

「ばいきんまんになりたい」と悪役を
自認しているようですが、そんな不吉な
こと、まだ言う必要はありませんよ。

十両で苦労した力士でしょう?

ヒール役はお客さんが決めることです。

自分から言っちゃいけない。

むしろ、剣翔の後半の取組、私も何番か
見ましたが、大きな体の割にはよく
動けていました。

隠岐の海に勝った一番なんてねえ、
優勝争いにも、結果的には左右した
一番なんですから、自信を持たないと。

28歳ともうそんなに若くはないですが、
来場所以降、楽しみな力士の一人です。

今回はこの辺にしておきますか。



*興味深い相撲関連本をいくつか。↓











posted by あらやまはじめ at 20:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 貴景勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村