2019年09月08日

【令和元年大相撲秋場所・初日速報!】北勝富士、右を差して白鵬を一気に寄り切った相撲は「北勝富士時代到来」の可能性を予感させました!・・・貴景勝は思ったより体が動いています、何とか二桁、行けるんじゃないですか

いよいよ、今日から大相撲秋場所が
始まりました。

今場所も15日間、よろしくお願い
いたします!

さて、本来であれば、本場所直前に
【展望】を載せるはずなのですが、
時間の関係で今回は掲載できません
でした。

ご了承下さい。

ただ、今場所の最大の注目は「貴景勝
が大関復帰できるか」に尽きます。

その貴景勝が大栄翔の挑戦を受けた
一番からまずは見て参りましょう。

私はこの大栄翔との対戦、貴景勝に
とっては「相当手ごわい」と見て
いました。

というのも、大栄翔、ここ数場所、
前頭の上位で五割前後の成績を
常に保っており、その押し相撲は
場所毎に威力を増しているのは
明らかですからね。

今日も貴景勝にとっては「やり
づらい相手であろう」と私は
思っていました。

その立ち合い、両者とも突き押しの
応酬となりました。

病み上がりとはいえ、先場所まで
大関の貴景勝を相手に、大栄翔も
一歩も引かずに押し続けては前に
出ていました。

先に引いたのは貴景勝の方でした。

ただ、そこで大栄翔は体勢を崩さず、
やはり前に出ました。

一方、大栄翔にいなされた貴景勝が
やや体勢を崩しましたが、あそこは
よくこらえましたよ。

その直後、大栄翔が前に出たところを
貴景勝がいなして、大栄翔は前につん
のめり、そのまま貴景勝が突き落とし
で勝ちました。

いい相撲でしたね。

大栄翔が勝ってもおかしくはない
相撲でしたが、貴景勝が「元大関」の
意地を見せたというべきでしょうか。

貴景勝は思ったより体が動いている
ことも確認できました。

何とか二桁勝って、大関復帰できるん
じゃないですか。

ケガの再発がない限りは。

今日はもう一番、結び前の白鵬と北勝
富士の対戦も詳しく見ておきたい。

立ち合い、白鵬は左から張っていき
ました。

つくづく思うのですが、白鵬は横審
から「立ち合いの張り手は見苦しい」
と苦言を呈されたことを、もう忘れた
んですかね?

こういう相撲を取り続ける限り、横審
は「これでもか」というくらいに、
白鵬には「立ち合いの張り手は横綱と
して見苦しい」ということを再三再四、
白鵬が引退するまで言い続けなければ
なりませんよ。

当ブログでは何年も前からずっと指摘
してきていますが、白鵬という横綱は
「間違いを間違いと認めない、都合の
悪いことは忘れる」横綱であることは
誰もが分かっています。

先般、日本国籍を取りましたが、結局、
メンタリティはモンゴル人のままですし、
この先も変わることはないでしょう。

であれば、横審なる権威のある機関が
言い続けるしかないんです。

権威のない私が言い続けてもむなしい
だけです。

それでも、一個人として断固、言い続け
ますが。

取組に戻りましょう。

白鵬が左から張ったことにより、
北勝富士はその張り差しを読んでいた
のでしょう、構わず右を差して一気に
前に出ました。

これが北勝富士の今日の勝因です。

もうねえ、北勝富士の気合勝ちだな!

白鵬はそろそろ、我が身の張り差しが
読まれており、しかも、威力がなく
なっていることを思い知らないと
いけません。

北勝富士は張られても、一歩もブレず、
前に出ましたからね。

北勝富士という力士、ここ数場所、私は
非常に気になっており、正直言えば、
「贔屓力士」になりつつあります。

「気合」は古い、時代遅れだと、相撲に
限らず、他のスポーツでも最近は叫ば
れて久しい。

でもねえ、私も古い人間であることを
承知の上であえて言わせて頂ければ、
「最後は気合だ」という思いはあるん
です。

特に、実力が伯仲しているような場合
はね。

北勝富士は白鵬にはまだまだ叶わない
かもしれません。

ですが、正々堂々、白鵬に勝ったのは
二度目です。

対戦回数はまだ一桁。

「北勝富士時代到来」の可能性を予感
させたと思うのは私だけではないはず。

横綱の二人は先は長くない。

明日、北勝富士はもう一人の横綱、
鶴竜と対戦します。

これ、勝ったら、今場所の北勝富士は
旋風を巻き起こすかもしれません。

というか、機は熟しています。

勝っても、おかしくはありません。

明日も北勝富士には大注目ですよ!



*北勝富士! ↓












posted by あらやまはじめ at 20:53| 神奈川 ☔| Comment(0) | 北勝富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村