2019年07月17日

【令和元年大相撲名古屋場所・十一日目速報!】琴奨菊は鶴竜に敗れはしたものの、久々に存在感を見せましたよ!・・・私の予想通り、高安は今日から休場、珍しく不戦勝となった白鵬への影響は?

昨日の当ブログで予想したとおり、
高安が今日から休場となりました。

私の熱弁が少しは役に立ったか?

・・・いや、そんなことは関係なく、
高安、並びに師匠は、「勝ち越し
たら休場」と思っていたはずです。

これはこれで、仕方がない。

現行の制度では、こうならないと、
大関でさえ休場することさえ、
できないのですから。

だからこそ、「公傷制度の復活」が
必要であることを、なぜ相撲協会は
分からないのか?

・・・今日は時間もないので、この問題は
また後日、しつこく繰り広げることと
して、今日の結びの鶴竜と琴奨菊の
一番から振り返って参りましょうか。

取組前、琴奨菊の姿を今場所、初めて
見ましたが、痩せましたね?

意図して痩せたのか、どこか体を悪く
して痩せたのかは分かりませんが、
大関時代のポッコリした腹がだいぶ
へこんでいたのを見て、ちょっと驚き
ましたよ。

この琴奨菊の立ち合い、素晴らしかった
ですね!

すぐに左を差して、一気にがぶり寄った。

私は「鶴竜、負けたな」と思いましたよ。

でもねえ、そこは現役の横綱と、かつての
大関の差が出ました。

鶴竜は琴奨菊の動きを止めると、反撃に
出ては、右からのど輪で押し込んで、
最後は突き倒した。

鶴竜にしては、珍しく、豪快な相撲でした。

鶴竜は今日の相撲でますます乗っていく
んじゃないですか。

ですが、今日の琴奨菊には拍手を送りたい
ですね。

久々に存在感を見せましたよ!

1差で鶴竜を追う白鵬は高安の休場に
より不戦勝となりました。

白鵬の不戦勝の姿を見るのは珍しい。

これが、白鵬の明日以降にどう影響する
のか、気になるところですが・・・。

「あまり、影響しないであろう」という
のが私の見解ですが、ただ、明日の対戦
相手が「大物食い」の御嶽海であること
はちょっと気にかかります。

御嶽海という力士は、格下の相手には
簡単に敗れることもあり、だからこそ、
いまだに大関昇進が遠のいているわけ
ですが、白鵬相手だと、信じられない
ような力を発揮することがあるのも
事実でしてね。

過去の対戦成績を見ても、白鵬が
8勝3敗とリードしているとはいえ、
11番くらいしか対戦していない中で、
白鵬がここまで取りこぼしている
力士は他にはいまい。

ここで御嶽海が勝つようなことが
あれば、白鵬の優勝はもはや厳しく
なります。

鶴竜は過去11回負けていない千代
大龍戦。

これも、大関陣がすべて休場だから
こそ、審判部も苦肉の策で組んだの
でしょうが、よほどのことがなければ
鶴竜の圧勝に終わるでしょう。

最後に、昨日まで7連勝の北勝富士に、
先場所初優勝の朝乃山が勝った一番に
ついて一言。

私はここ数場所の北勝富士をかって
いましてね。

「北勝富士ファン」になりつつあり
ます。

それは、「昔ながらの力士の気合」、
これに尽きます。

やっぱりねえ、「気合」がすべて
なんです。

相撲に限った話ではありませんが。

北勝富士が最後の立ち合い前に、
塩を持った拳を頭につけて「瞑想」
するシーン、私は好きですねえ。

ポーズだけでもいいんです。

ああいうシーンは、後々まで印象に
残るんですよ。

今日は残念ながら敗れましたが、
むしろ、成長著しい朝乃山を
褒めるべきでしょう。

なにしろ、左からおっつけて、
右からもおっつけては、完勝した
わけですから。

今日はこのくらいにしておきます。



*琴奨菊! ↓









posted by あらやまはじめ at 22:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | 琴奨菊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村