2019年07月15日

【令和元年大相撲名古屋場所・九日目速報!】逸ノ城、まさかの白鵬撃破で名古屋場所、ようやく面白くなってきました!・・・高安の左は使えませんが、勝ち越しまであと一つであることを考えれば・・・

ようやく名古屋場所が面白くなって
きました。

何と言っても、今日は結び前の白鵬と
逸ノ城の一番です。

ちょっと振り返って参りましょう。

立ち合い、白鵬は左を固めて、逸ノ城
に得意の右を差させない戦法で行き
ました。

この時点で、逸ノ城の左がNHKの大相撲
中継のテレビ画面からは見えなかったの
ですが、向上面から見れば、左上手を
がっちりと引いて、しかも、引きつけて
いました。

これが、今日の逸ノ城の勝因です。

白鵬も右は差していましたが、逸ノ城
の右を殺すのにこだわりすぎましたね。

逸ノ城は結果的には右を差すという
よりも、むしろ右の前みつを引くと
いうこれ以上ない形を作り、万全の
寄りで白鵬を撃破しました。

思えば、二場所前だったか、白鵬が
全勝優勝した時、逸ノ城は白鵬との
直接対決はなかったものの、14勝1敗
という、優勝してもおかしくない成績
を残しました。

今回はそのリベンジというわけでは
ないでしょうが、逸ノ城がこれ以上
ない相撲で、「大器健在」を改めて
示すこととなりました。

その逸ノ城、明日は鶴竜戦ですか?

今日、白鵬に勝って気分もいいはず。

楽しみな一番です。

その鶴竜が明生の挑戦を受けた一番
についても一言。

私は鶴竜が負けるのではないかと、
ちょっと懸念していました。

この横綱は、トップで並走している
力士が負けると、案外「お付き合い」
するタイプですから。

しかし、初顔合わせの明生戦では、
右を差して、左上手をがっちりと
引いて、慎重に寄り切りましたね。

やっぱり、白鵬が1差や2差で追い
かける展開の方が見ている側と
しては面白い。

でも、まだ残り六日間あります。

むしろ、昨日まで両横綱に1差で
追っていた高安の今後が心配に
なってきました。

昨日の玉鷲戦で左肘をきめられ、
負傷した高安。

今日の正代戦、はっきり言って、
見ていられなかった。

左が全く使えない状態でしたから。

右からかち上げて、右を差して、前に
出ましたが、正代に回り込まれると、
左からの突き落としになすすべなく
崩れ落ちました。

これは厳しいですよ。

出場自体が。

もっとも、高安、7勝を挙げています
からねえ。

明日の回復を待って、一番勝って
勝ち越すことしか、今は頭にない
でしょう。

勝ち越せば、最悪、休場しても
仕方がないですよ。

優勝争いは全勝の鶴竜を1敗の白鵬が
追いかけ、2敗が高安、妙義龍、友風、
照強ですか。

照強あたりは面白い存在ですね。

幕尻ですから、最後の最後まで上位
には当たらないでしょうから、勝ち
続ければ、2敗のまま、スルスルと
優勝争いに入ってくるかもしれません。

やっぱり、大相撲はこうでないと。

残り六日間、これまで以上に楽しみに
したいと思いますね。



*逸ノ城グッズ、久々に紹介して
おきましょう! ↓









posted by あらやまはじめ at 19:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | 逸ノ城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村