2019年07月12日

【令和元年大相撲名古屋場所・五日目速報】5連敗の栃ノ心の相撲はもう見ていられない、休場すべきです・・・新十両の一山本(いちやまもと)は、丘みどりちゃんに似ている?・・・確かに

夜も遅いので、手短かに参ります。

取組の前に、今日のNHKの大相撲中継
で「新十両紹介」のコーナー、高3の
娘が録画しており、私も18時過ぎに
見たことから、話題を一つ。

一山本(いちやまもと)がインタビュー
を受けていたのですが、娘が「パパの
好きな丘みどりちゃんに似ている」と
言い始めました。

「んなこたあない」と私は拒絶したの
ですが、よくよく見ると、目の大きな
ところや、笑った時のえくぼなんか、
見れば見るほど、みどりちゃんに似て
いることに気付きました。

(*みどりちゃんです。↓)




この角度だと、確かに似ている。

一山本の写真、楽天とアマゾンで
見つけられませんでしたので、
あえて掲載しませんが、興味の
ある方は調べてみて下さい。

さて、今日の取組は一番だけ見て
いきます。

昨日まで4連敗の栃ノ心と、先場所
初優勝した朝乃山の対戦です。

この一番、先場所は優勝を左右する
大一番でした。

物言いがついて、6分近い協議の末、
栃ノ心が納得しない形で敗れました。

その再来となる一番。

もっとも、名古屋のお客さんは、全く
と言っていいほど、盛り上がっていま
せんでしたね。

やっぱり、その程度の認識なんでしょう
なあ。

立ち合い、栃ノ心はかち上げに行きます
が、全く効いていなかった。

一方の朝乃山、すぐに右を差して、左
上手も引いて、一気に持っていった。

栃ノ心、慌てて、左からから抱えていくも、
呼び込むような形となり、朝乃山にあっけ
なく寄り切られました。

初日から5連敗。

これは厳しい。

復帰した大関とはいえ、初日から5連敗
というのは。

明日から休場すべきです。

もう、今場所は挽回も無理でしょう。

最後に、白鵬が遠藤を一蹴した取組に
ついても一言。

遠藤は右の前みつにこだわりすぎました。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」とも
言うではありませんか。

でもねえ、今場所は白鵬の優勝で決まり
というような実感はあります。

今日はこの辺で・・・。






*朝乃山関連の書籍、今のうちにどうぞ! ↓







posted by あらやまはじめ at 00:14| 神奈川 ☔| Comment(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村