2019年06月20日

今週の「週刊ポスト」に掲載の「大相撲の闇営業」は、その地方巡業の成り立ちから言って、これまでは常識でしたが・・・相撲協会にとってはまた新たな頭痛の種ですよ、根絶するためにはね

昨今、「闇営業」なる言葉が世間を
賑わせています。

カラテカの入江慎也さんが、振り込め
詐欺のグループの宴会に、吉本興業を
通さずに芸人を出演させ、クビになった
ことは記憶に新しい。

そんな中、今週の「週刊ポスト」に
「大相撲の闇営業」についての話題が
掲載されました。

(*今週の「週刊ポスト」電子書籍版です。↓)




これをどう見るか?

芸人や相撲、あるいは私の好きな演歌の
世界なんかもそうでしょうが、昔から
「地方巡業」にヤクザが絡んできたのは
はっきり言って、常識です。

だいたい、そういう稼業のプロモーション
は昨今でこそ、テレビでももてはやされて
いて、やりたがる人が多いですが、その
昔は「まともな仕事に就けない連中が
やることだ」と思われていたんです。

世間からは。

だから「まともな連中」はだれも関わり
たくない。

そういう「汚れ仕事」を一手に引き受けて
きたのが、かつてのヤクザです。

それで、芸人や相撲取り、演歌歌手は
下積みの末、徐々に人気が出て、また、
ヤクザからすれば、「彼らをお世話
してあげたのだから、人気が出て、宴会
などに呼ぶのは当然だろう」という、
いわばウィンウィンの関係が続いてきた
わけです。

ところが、平成の時代に入ってから、
ヤクザを排除する条例が出て、暴力団
関連の人間にはもはや「人権すらない」
状態になってしまった。

でも、現在人気者となっている人たち
だって、彼らのお世話になった人は、
我々一般人が想像する以上に多いん
です。

なんだろうなあ。

時代は変わったとしか、言いようが
ないですね。

昔のヤクザには、結構、人情派も
いましたよ。

別に、私は直接ヤクザとの付き合いが
あったわけではありませんが、彼ら
だって人間ですからねえ。

でも、令和の今の時代、もう、そう
いうことを振り返ることも許されない
ような雰囲気になってしまったのは、
時代の流れとはいえ、寂しい部分も
あります。

もっと言ってしまえば、芸人や相撲
取り、演歌歌手あたりは、「一歩
間違えれば、ヤクザと同類」という
ところもありましてね。

それが、ヤクザだけ一方的に悪だと
決めつけられるのは、昭和の人間
から見れば、「やりすぎじゃない
のか」とすら思う。

でもねえ、負の部分が多いことも
事実でして、ヤクザが排除されて
いくのは仕方がないのかもしれ
ません。

もう、かつての「ヤクザ映画」も
制作されることはないんだろう
なあ。

一方、新たな頭痛の種を抱える
ことになったのは相撲協会です。

現在、協会の上層部にいる親方衆は、
それこそ、「闇営業」をやってきた、
というか、「知らないタニマチから
ご祝儀を受けまくってきた」、恩恵
を被りまくった人ばかりですよ。

八角理事長だって無縁ではないはず。

ここはねえ、八角理事長自ら、「昔は
あったが、今は時代が違うから、根絶
する」くらいの声明を発表しないと
いけないでしょう。

相撲取りをご贔屓にする「タニマチ」
は昔も今も存在します。

が、その「タニマチ」がヤクザであるか
どうかを判断しなければならなくなった。

相撲取りがそれを判断するのは無理です。

かと言って、「タニマチ」からのご祝儀
を受け取らないというのも、無粋な話
でしてね。

この辺の線引きは難しい。

難しすぎる。

そういえば、カラテカの入江さんは
白鵬とも懇意だったことが知られて
います。

入江さんのこと、あの事件後、いろいろ
知りましたが、各方面との付き合いが
多かったようです。

相撲協会側からすれば、「信頼がおける
人間からの紹介であれば、タニマチから
のご祝儀を受け取ってもいい」と、一瞬
私も思いましたが、入江さんのケースを
考えれば、そうとも限らないことは
明らかなわけでして・・・。

いつ、週刊誌にすっぱ抜かれるか、
分かったものではありません。

力士の給料を少しでも上げて、「タニマチ
からのご祝儀は、昔からの付き合いが
ない場合を除いて、一切受け取らない」
とかにしないといけないのかもしれません。



*「週刊ポスト」は大相撲の八百長問題に
ついても、これまで報道し続けてきました。↓







posted by あらやまはじめ at 21:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村