2019年05月15日

【令和元年大相撲夏場所・四日目速報!】貴景勝は5連敗中の難敵、御嶽海に組んで勝ちましたが、右足は大丈夫か?・・・全勝の栃ノ心は、大関に上がる頃の相撲が戻ってきましたね、ケガが癒えれば、やっぱり強いですよ

今日も仕事帰りのバスと電車の中で、
スマホのワンセグで大相撲中継を
見ました。

・・・と言いたいところですが、途中、
電波が圏外になり、最後の方は見る
ことができませんでした。

よって、見ることができた注目の
2番についてのみ触れたいと思います。

まずは、栃ノ心と玉鷲の一番。

立ち合いから突き押しの応酬となり
ましたが、栃ノ心は得意の右を
差して、左も差す、もろざしの形に。

ここで一気に栃ノ心は前に出ますが、
玉鷲も咄嗟に右を巻き返す。

ところが、これで、栃ノ心は一番
力が出る「右四つ左上手」の形と
なりました。

こうなれば、栃ノ心です。

古傷の右足親指も癒えてきました。

一気の寄りで、玉鷲を一蹴。

やっぱり、ケガが癒えれば、強いですよ。

これで4連勝。

大関に昇進した頃の力強い相撲が戻って
きたのはうれしいね。

もう一番、貴景勝と御嶽海の取組に
ついても、見ていきましょう。

貴景勝は先場所まで御嶽海に5連敗中
だったんですなあ。

「そうだったか」と思いましたよ。

しかも、御嶽海は昨日高安に勝ち、
貴景勝は大関初黒星を喫しました。

傍から見れば、御嶽海が四分六で有利
ではないかと私も見ていましたが、
貴景勝は相撲の取り口を今日は少し
変えてきましたね。

立ち合い、貴景勝は当然のように、
御嶽海に対して押し相撲で行った
わけですが、御嶽海に組まれると、
まわしは取れませんでしたが、
もろ差しとなりました。

そこから、あえて、突き放しには
行かなかった。

貴景勝のもろ差しの形はほとんど
見たことがありませんが、「あえて
そうしたのか」と思うくらいに、
前に出ては、寄り切りました。

ところが・・・。

寄った際に、膝が入ったのか、取組後、
貴景勝は右足を引きずっていました。

「大丈夫か」と一瞬思いましたが・・・。

たぶん、一晩寝れば大丈夫でしょう。

というのも、私の幼少期の拙い相撲
経験から言っても、寄った時に足が
伸びて、足に痛みが出るということは
よくあることです。

ましてや、貴景勝の場合、押し相撲
一辺倒ですから、慣れない四つ相撲で
普段使わない箇所が悲鳴を上げたの
ではないかと思われます。

明日の朝にならないと何とも言えません
が、おそらく大丈夫でしょうし、仮に
痛みがあったとしても、貴景勝のこと
です、明日も出場するでしょう。

軽傷であることを願いたい。

新大関で明日から休場で、来場所、
カド番なんて事態は、令和の時代に
別の意味で角界に「?」を突き付け
かねない。

「令和の時代の相撲はなんだ!」と
世間から思われかねない。

新大関に酷な話かもしれませんが、
貴景勝への期待はここまで大きいん
です。

もはや、角界にとってそこまでの
大きな存在となってきている貴景勝。

無理は禁物ですが、なんとか、令和の
最初の場所を乗り切ってほしいね。



*読んでおきたい。↓





posted by あらやまはじめ at 22:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | 貴景勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村