2019年03月09日

【平成31年大相撲春場所・展望】貴景勝と玉鷲の両関脇の「大関とり」が話題になっていますが・・・個人的には、元稀勢の里、荒磯親方のスポニチでの解説デビューが最大の見所だと感じています・・・あと、序二段の照ノ富士の復帰もね

早いもので、明日から初場所の初日が
始まります。

ですので、今日は恒例の【展望】を
お届けしたいと思います。

今場所、世間的には貴景勝と玉鷲、
両関脇の「大関とり」が話題に
なっています。

特に、貴景勝は。

今場所、二桁を挙げれば、来場所の
大関昇進が確実な貴景勝。

これは、ケガでもしない限りはほぼ、
間違いないでしょう。

一方の玉鷲はどうか?

先場所、初優勝した割には、あまり
騒がれもせず、むしろ、騒がれて
いる貴景勝よりも、平常心で相撲を
取れると思っているのは、私だけ
ではないでしょう。

個人的には、「同時昇進」を期待
したい。

玉鷲は案外、二場所連続優勝とか、
平然と成し遂げそうな気がしない
でもないですが・・・。

序盤でしょうな、まずは。

ここを例えば、全勝で乗り切るような
ことがあれば、玉鷲の大関昇進は現実
のものに近付きます。

両者とも、好きな力士ではあります。

楽しみですよ。

それより、なにより、個人的には元
稀勢の里の荒磯親方の解説デビュー
を期待している相撲ファンは少なく
ないでしょう。

今日、私はスポニチを購入しましたが、
その裏一面は荒磯親方が飾りました。

今場所からスポニチの専属解説を
する荒磯親方ですが、当然ながら、
NHKの大相撲中継でもゲスト解説に
登場するであろうことは間違いなく、
これはねえ、本当に楽しみでならない。

というのも、先場所まで現役の横綱
だったわけで、今の上位陣の力士を
肌感覚で知っているわけです。

こればかりは、名解説者の北の富士
さんや舞の海さんにも絶対できない
ことであってね。

スポニチでは、おそらく、毎日コラム
を書くであろうと予想されます。

私は基本、本場所中は、北の富士さんが
コラムを書いている東京中日スポーツを
購入することが多いのですが、今場所
からはスポニチびいきになるかな?

スポーツ紙も一紙140円します。

東中だけは130円ですが。

2紙を毎日購入は厳しいですしね。

金銭面もそうですが、現実問題、読む
暇がないんですよ。

そのまま置いていたら、かさばりますし。

処分というか、整理するのも結構大変
なんです。

・・・他の見所を一つ挙げれば、元大関の
照ノ富士が5場所連続休場明けで、今場所、
序二段の土俵に立つということくらい
でしょうか。

これは、個人的には大いに期待しています!

膝の状態はまだまだ完治には程遠い状態の
ようですが、照ノ富士曰く、「序二段で
あれば、出場できるであろう」と。

・・・序二段とはいえ、甘く見てはいけない
とは思いますが、元大関ですからね、その
辺の感覚は現役力士にしか分からない。

序二段優勝とかすれば、これは再び、
照ノ富士にそれなりのスポットライトが
当たるであろうことは間違いない。

豊ノ島の久々の幕内復帰など、注目すべき
点は他にもいろいろあります。

明日の初日から、今場所もなるべく早めに、
当ブログでは【速報】を出していく予定です。

日によっては遅れるかもしれませんが、
基本、日々、お届けしたいと思っています。

こちらもどうぞ、ご期待下さい!




*稀勢の里の「Number」、読もうと思って
いて、まだ読んでいませんでした。早く
読まなきゃ。↓








posted by あらやまはじめ at 22:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村